ドラッグストア研究会

ドラッグストア業態とヘルスケア産業の最新状況を
事業者・政策・消費者の観点から把握・理解し、
メーカー・卸売業の流通チャネル対応戦略を考える

メーカー・卸売業様限定
ドラッグストアに対する次の“打ち手”を検討したい皆様にお勧めいたします

2022年6月~2023年3月(全5回)
各回、13時~17時に開催
※全回、「Web配信」(リモート)で開催します

今年度の研究会の内容

●業態分析

  • 業界団体・公的統計

●主要企業の研究

  • 決算分析、企業戦略、店頭施策、プロモーション等
  • 決算概要データ集(Excel)

●ヘルスケア流通・政策の動向

●実務家講演

●注目チェーン・注目エリアの取材報告等

●「ドラッグストア」ショッパー調査(独自調査)

●購買履歴分析等

研究会の概要

「ドラッグストア研究会」の概要

 「ドラグストア研究会」は、ドラッグストア業態に関する情報収集・研究を行い、ドラッグチャネルに対する営業戦略面での分析・提言を行うメーカー・卸売業の皆様向けの会員制「研究会」です。
 ドラッグストア業態は成長を続け、市場における重要性が高まっています。一方、品揃えや店舗フォーマットなど、様々な点で変化の過程にあります。「新型コロナウィルス感染症」の流行によりプラスの“追い風”を受ける一方、マイナスの“逆風”もあり、各社が変革・革新の道を模索しています。

成長を続けるドラッグストア業態

  • 2020年度に市場規模8兆円-成長の“踊り場”を脱し、“再成長期”にある
  • 主要「リアル業態」のなかでは成長性が高く、小売チャネルとしての相対的な重要性が高まっている
出所:JACDS「日本のドラッグストア実態調査」に基づき(公財)流通経済研究所が作成

 2021年度に引き続き、2022年度も「研究会」形式により実務家講演や調査・データ分析も交えて、ドラッグストアチャネルやヘルスケア産業・流通に関する理解をより深めて頂けるプログラム内容となっております。メーカー・卸売業の皆様が営業戦略立案にご活用いただける情報のご提供と分析・提言を行います。

今、ドラッグストア業態に着目する意義

 ドラッグストア業態は総売上高、総店舗数ともに成長を続ける一方、業態内外の競争が激化し、「コロナ特需」後の需要発掘、店頭活性化などの課題に直面しています。
 食品市場も取り込み成長を続けるドラッグストア業態は、M&Aにより上位集中が進んでいます。一方、企業により戦略の方向性やビジネスモデルに違いがあり、それらを理解することがメーカー・卸売業の提案活動にとって不可欠となっています。

ドラッグストア「売上高」ランキングの変化(イメージ)

  • M&Aによる上位集中化、主要チェーンのエリア拡大などにより、ドラッグストアの「勢力図」は変化してきている
  • 営業提案に際し、戦略タイプ別の方向性・ビジネスモデルの理解が重要
出所:各社IR情報に基づき(公財)流通経済研究所が作成

 「新型コロナウィルス」の流行終息はいまだ見通せず、ドラッグストア・ショッパーの購買行動や意識、業態の利用実態、ヘルスケア・ニーズや生活意識も変化していると考えられます。
 このような環境変化や、ベースとなるヘルスケア政策を念頭に置いて、成長と変化の過程にあるドラッグストア業態や主要ドラッグストア企業の戦略理解を深めることが重要だと弊所では考えております。

本研究会の目的

 上記のような問題意識のもと、流通経済研究所ではドラッグストア業態について多面的、かつ、より深く研究することを目的として、2022年度「ドラッグストア研究会」を開催いたします。
 今年度は、ドラッグストア業態で「1兆円企業」が誕生する予定であり、主要チェーンのエリア展開や、スーパーの買収も含めた「食品強化」についても新たな動きがありそうです。「新型コロナウィルス」流行の影響による市場変化だけでなく、その後の市場環境や業態の方向性も見据えながら調査・研究を行い、メーカー・卸売業の皆様にお役立ていただける情報・示唆をご提供してまいります。ぜひ、ご参加をご検討ください。

研究会の「報告資料」(例)

「ドラッグストア研究会」では、業態・個別チェーンの理解や、営業提案検討の際にご活用いただける様々な資料をご提供します。

<2021年度「研究会」でご提供した報告資料> (イメージ)