出版・情報サービス

機関誌「流通情報」

ISSN 2433-9784(オンライン)
ISSN 0389-7672(冊子版)

「流通情報」は、流通経済研究所の機関誌として1967年に創刊した雑誌です。現在隔月刊で発行しておりますが、流通・マーケティングの専門誌として評価をいただいております。内容は、流通・マーケティング関連の最先端の論文や、当研究所の研究報告、業界動向を流通・マーケティングの視点から抄録したもの等を掲載しています。
隔月刊:年6号発行、A4版 約100頁
年間購読料:税別30,000円[Web誌面閲覧サービス含む]

購読者サービス

「流通情報」最新情報目次

No.547 | Vol.52 No.4(2020年11月発行)

特集 価格戦略のニューノーマル

特集にあたって

守口 剛
公益財団法人流通経済研究所 評議員/早稲田大学 教授

モノからコトへの価格戦略

守口 剛
公益財団法人流通経済研究所 評議員/早稲田大学 教授

 モノからコトへという消費価値の変化は、モノベースから価値ベースの価格設定への変化を促しているが、顧客にとっての利用価値や体験価値は人によって異なるため、価値ベースの価格設定においては顧客別価格を採用することが自然な方策となる。本稿では、近年進展しているサブスクリプション・モデル、成果ベース価格などの価格設定方式の新しい潮流に焦点を当て、これらの方式が顧客価値をベースとする顧客別価格設定を実現するための解であるという視点から、価格設定方式の動向を論じる。

キーワード: 価格設定方式、課金方式、顧客別価格、サブスクリプション・モデル、成果ベース価格
情報財の価格戦略―「フリー」「多段階価格差別」:情報社会で中長期に成長するビジネスモデル

山口 真一
国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 准教授

 近年、ビジネスの破壊的変化が起こる中で、FSP-Dモデルという、「フリー」「ソーシャル」「価格差別」「データ」を組み合わせたビジネスモデルが覇権を握るようになってきている。本稿では、その中でも情報財の価格戦略として、特に「フリー」「価格差別」に着目し、豊富な事例と実証分析結果を示したうえで、日本企業が今後とるべき戦略について検討する。
 検討の結果、①フリーで成功するには、共食いを恐れずにフリーでも良い体験を消費者に提供すること、②高度なシステムであってもフリーにすることで、ネットワーク効果やビッグデータ活用という観点からビッグビジネスになること、③多段階価格差別では、一物一価の時の7~8倍の収益が得られること。などが明らかになった。

キーワード: 基本無料、フリー、多段階価格差別、FSP-Dモデル、データ利活用
サブスクリプションサービス普及の背景とこれから

久我 尚子
ニッセイ基礎研究所 生活研究部 主任研究員

 サブスクリプションサービス普及の背景には「所有から利用へ」という消費行動の変容がある。「所有から利用へ」という流れには、経済的な理由からモノを「買えなくなった」、消費社会の成熟化や情報技術の進化によって「買う必要がなくなった」、モノよりも「コトを買うようになった」という3つの要素がある。コロナ禍では経済的な厳しさが一層増すとともに、巣ごもり需要や非接触志向の高まりによって消費行動のデジタル化が加速している。今後はシニアのデジタル消費も期待でき、サブスクリプションサービスには好機とも言える。新型コロナウイルスは経済活動に甚大な悪影響をもたらしているが、新たなビジネス機会も創出している。

キーワード: 所有から利用へ、デジタル化、新型コロナウイルス、巣ごもり需要、サブスクリプション
YouTubeスーパーチャットに見る投げ銭の構造と可能性

渡邊 秀介
公益財団法人流通経済研究所 研究員

 インターネットを通じて任意の金額を贈ることができる「投げ銭」サービスが流行しつつある。一例として、動画配信サービスYouTubeが提供するスーパーチャット機能は、投げ銭機能を配信者と視聴者のコミュニケーションと結びつけることで、その利用を促進することに成功している。本論では、スーパーチャットを事例として、投げ銭というサービスがもつ性質とその応用可能性について検討する。

キーワード: 投げ銭、YouTube、スーパーチャット、双方向コミュニケーション、投資と寄付

視点

CSI(顧客満足度指数)で見るコロナ禍の顧客心理

小野 譲司
青山学院大学 経営学部 教授

論文

コロナ禍で加速するネット通販

中村 博
公益財団法人流通経済研究所 理事 /中央大学大学院 戦略経営研究科 教授
鈴木 一正
中央大学 中村博研究室 アジアショッパーインサイト研究会

資料紹介

海外の流通&マーケティング

流通データ

  • 主要経済指標
  • スーパーマーケット販売統計
  • 主要家計指標
  • コンビニエンスストア販売統計
  • 百貨店統計
  • ドラッグストア販売統計
  • 日本チェーンストア協会販売統計
  • 家電量販店販売統計
  • ホームセンター販売統計
  • 研究会・セミナーより
  • 新着図書情報
バックナンバー

次号予定:
特集 コロナ禍で変化した食品のEコマース利用

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせフォーム

お問い合わせ先

資料情報センター TEL:03-5213-4531(代表) FAX:03-5276-5457