機関誌「流通情報」

「流通情報」は、流通経済研究所の機関誌として昭和42年に創刊した雑誌です。現在隔月刊で発行しておりますが、流通・マーケティングの専門誌として評価をいただいております。内容は、流通・マーケティング関連の最先端の論文や、当研究所の研究報告、業界動向を流通・マーケティングの視点から抄録したもの等を掲載しています。
(隔月刊、A4版、約100頁、年間購読料:税別30,000円[Web誌面閲覧サービス含む])

「流通情報」最新号目次

隔月刊:年6号発行
体   裁:A4判、約100ページ


お申し込み
お問い合わせ

■次号予定:
   特集 農産物の新たなるマーケット創造

No.532 | Vol.50 No.1(2018年5月7日発行)

視点
アマゾンエフェクトと既存小売の対応 中村 博
公益財団法人流通経済研究所 理事
中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)教授
特集 AI時代の売場開発
特集にあたって 鶴見 裕之
公益財団法人流通経済研究所 客員研究員
横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 准教授
知的画像認識の売り場への導入 長尾 智晴
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授
YNU人工知能研究拠点長
株式会社マシンインテリジェンス CTO
「買わない理由」を科学的に可視化する。
〜AIが導くリアル店舗運営改革〜
長谷 直達
株式会社ABEJA 執行役員
コト消費時代の店頭施策一考〜売場の視覚的印象の観点から〜 渡邊 秀介
公益財団法人流通経済研究所 研究員
画像認識技術を活用したコト消費売場開発の可能性
〜Death by Amazonへの対応策〜
鶴見 裕之
公益財団法人流通経済研究所 客員研究員
横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 准教授
論文
戦前のボランタリーチェーン(上) 石原 武政
公益財団法人流通経済研究所 顧問/大阪市立大学 名誉教授
査読論文
品揃え操作の影響の時間的変化に関する研究 佐藤 栄作
千葉大学
連載
ショッパーへのマーケティング考【第10回】
ドンキの店舗再生に見る示唆
流通経済研究所ショッパー・マーケティング研究会
資料紹介
海外の流通&マーケティング  
流通データ
・ 主要経済指標 ・ スーパーマーケット販売統計
・ 主要家計指標 ・ コンビニエンスストア販売統計
・ 百貨店統計 ・ ドラッグストア販売統計
・ 日本チェーンストア協会販売統計 ・ 家電量販店販売統計
・ ホームセンター販売統計
研究会・セミナーより 新着図書情報

流通情報バックナンバー

お問い合わせ、お申込み等

お問い合わせ先:
資料情報センター TEL:03-5213-4531(代表) FAX:03-5276-5457

資料請求     情報会員お申込み