ショッパー研究セミナー「新しい買物様式」対応セミナー
~新型コロナウイルス感染予防によって変わるショッパーの買い方をとらえて対応を考える~

開催概要

開催日 2020年9月4日(金)
時間 15:00~17:00
開催 Web配信(ライブ) ※ZOOMを用いて配信します
参加費 小売業の方:1名様につき税別10,000円
小売業以外の方:1名様につき税別20,000円
参加対象 食品・日用品などの最寄品をお取り扱いの小売業、卸売業、メーカー、
および、それら企業をサポートする専門分野の企業の方々
(一部ご参加をお受けできない業種がございます。あらかじめご了承ください)
その他 テキスト(PDF)と配信URLは、開催前日にメールでお送りします

セミナー概要

 新型コロナウイルス感染予防のための「新しい生活様式」が浸透しています。この生活様式の中には、購買行動に関するものも含まれていることから、従来の購買行動とは異なる「新しい買物様式」を実践するショッパーも増えていると考えられます。また、実店舗小売業者やネット通販事業者は、既存の施策をさらに強化したり、これまでにはない新たな施策を講じるなど、顕在化した「新しい買物様式」への対応を進めています。
 一方、このタイミングで生じたショッパーの購買行動の変化の中には、コロナ前からその兆候が見られていたこと(例えば男性ショッパーのスーパーマーケット利用増加など)が、感染症拡大を契機に、顕在化したものもあると考えられます。
 本セミナーでは、ショッパーの「新しい買物様式」に注目し、どのような変化が生じたのか、どのようなショッパー・セグメントにおいて変化が見られたのかを、「ショッパー・マインド定点調査」などのデータを用いて確認します。また、今後もそれらの変化が継続するのかを検討します。その他、小売業者による「新しい買物様式」への対応事例紹介を通じ、ショッパーが抱える課題や感じている不安などを解消する方向で、どのような対応が考えられるかを提案します。

「新しい買物様式」の例

※厚生労働省Webページ(「新しい生活様式」の実践例)を参考に作成

プログラム

15:00~16:00

パート1:コロナ禍に顕在化したショッパーのニーズと企業対応

新型コロナウイルス感染症拡大により人々の行動が制約を受け、購買行動にも変化が生じました。様々な変化の中には、突発的なもの、一時的なものもありますが、コロナ前から変化の兆候が見られていたものが、このタイミングで顕在化・表面化し、注目を集めるようになったというものも少なくありません。そこで、このパートでは、ショッパーの購買行動について、以前から変化が確認されていたこと、コロナ禍に変化への動きが強まったものを確認します。また、コロナ禍における小売業のショッパー対応事例を紹介します。これらを踏まえて、ショッパーの変化への対応の考え方を整理し、方向性を示します。

16:00~17:00

パート2:ショッパーの「新しい買物様式」と変化への対応

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、行政が呼び掛けている「新しい生活様式」に は、ショッパーの購買行動の変容を促すものも多く含まれています。そこで、この パートでは、流通経済研究所が実施している「ショッパー・マインド定点調査」の データを用いて、ショッパーの購買行動において、どのような「新しい買物様式」が 確認されたかを紹介します。また、どのような特徴を持ったショッパー(性別、年 代、利用業態、感染リスクへの不安の強さなど)が、特に特徴的な購買行動をとるのかを把握した上で、「新しい買物様式」への対応を考えます。さらに、新型コロナウイルス感染拡大収束後も「新しい買物様式」が継続するかどうか、ショッパーの意向をもとに検討します。

報告者

公益財団法人流通経済研究所 常務理事 山崎 泰弘
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 鈴木 雄高

※プログラム、講演者、時間は、都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込み方法

下記のボタンから申込フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
お申し込み受付後、ご請求書を郵送させて頂きます。

お申込み

お問い合わせ先

公益財団法人流通経済研究所
担当:伊藤、鈴木
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4532 FAX:03-5276-5457

お問い合わせ