POSデータ活用検定 出題イメージ

出題イメージ1(正答選択)

次のうち、POSデータからは得られない情報を選びなさい。

ア:商品が売れた個数
イ:商品の特売時の売価
ウ:・・・・・・
エ:・・・・・・

出題イメージ2(誤答選択)

市場POSデータと小売チェーンのPOSデータによるクロスABC分析結果を行った際の解釈として間違っているものを次のうちから選びなさい。

ア:市場Aランク、小売業Aランクの商品は、市場にとっても重要な商品である。
イ:市場Aランク、小売業Cランクの商品は、欠品など機会損失していることが考えられる
ウ:・・・・
エ:・・・・

出題イメージ3(組み合わせ選択)

以下は、POSデータを分析する際に決めるべき3軸について説明した文章である。空欄 ① ② ③ にあてはまる語句の組み合わせでもっとも適当なものを選択肢から選びなさい。

POSデータを分析する際はまず( ① )軸、出店エリアや店舗グループなどを考慮するための( ② )軸、月別・日別などの( ③ )軸、決める必要がある。

ア:①=商品 ②=時間 ③=店舗
イ:①=店舗 ②=商品 ③=時間
ウ:・・・・・・
エ:・・・・・・

出題イメージ4(計算)

次の3店舗合計の点数PIを求める場合、正しいPI値を求めなさい(小数点第2位以下は四捨五入)

A店 来店者:500名 8点売上
B店 来店者:2,000名 11点売上
C店 ・・・・・・

出題イメージ5(表の読み取り)

次のサブカテゴリー別の分析を行う際、最も優先順位が高いのは次のうちどれになるか。POS分析の定石として、最も正しいものを選びなさい。)

ア:金額の減少幅が最も大きいAを優先して分析する
イ:対前年比の減少幅が最も大きいCを優先して分析する
ウ:・・・・・・
エ:・・・・・・

POSデータ活用検定 紹介ページに戻る