店舗・売場観察力育成講座
自社、競合、取引先の店舗・売場の観察から、売場やMDの
改善に活かせる特徴・課題を読み取るフレーム、視点を習得する

日程 2020年6月26日(金)終了
2020年11月27日(金) Web配信 未定
時間 13:00~17:30
会場 公益財団法人 流通経済研究所 セミナー・ルーム1 (東京 市ヶ谷)

《Web配信(ライブ)による受講のご案内》

6月26日開催の本講座につきましては、3密の状況を避けるため、Web配信(ライブ)のみでの開催に変更いたしました。
お申込みに際しては、「お申込み」ページにて「Web配信(ライブ)で受講」を選択し、テキスト送付先住所についてご明記お願いいたします。
テキストは事前にご受講者宛に郵送いたします。
またWeb開催でも配信ツールのQ & A機能からご質問をテキストでお送りいただき、講義中または終了後にお応えいたします。

本講座の目的

 メーカー・卸にとって、取引先小売に対し説得力のあるMD提案を行うためには、POSなどのデータ分析に基づく課題の明確化に加え、販売現場である “売場” の理解が不可欠です。売場を確認することで、問題の原因が明らかになったり、売場から解決策のヒントが得られることも少なくありません。
 小売業にとっても、ストアコンパリゾンにおいて競合店舗だけでなく、自社の店舗も客観的に観察し、比較・評価を行い、客様に支持される売場であり続けるための改善を絶えず行っていく必要があります。
 本講座では、食品スーパーおよびドラッグストアにおいて、特定の売場の見方だけでなく、フロア全体や商圏・立地の視点も含め、店舗・売場を観察・理解し、特徴や課題を発見するためのフレームを学びます。

本講座で学ぶこと

  • 商圏や立地など広い視点から利用客の特性を把握、ニーズや買い物目的の類推
  • 店舗・フロア全体での特徴や施策を明らかにするための視点
  • 定番売場において、品揃えや価格の特徴を短時間で客観的に把握するためのフレーム
  • 定番棚割の特徴を把握し、評価するための視点
  • 比較・評価を前提とした観察結果のまとめ方と、そのために必要な観察メモの要件

※パートごとに観察結果を集約するためのテンプレート例をご提示します

受講をお勧めする方

消費財メーカー・卸売業・小売業の方で、
  • 売場を見るための基本的な知識を習得したい方
  • マーチャンダイジングや棚割あるいはフロア全体の改善を担当される方
  • 小売業向け提案に売場課題を織り込み、説得力を持たせたい方

※業種により、お申し込みをお受けできない場合がございます。あらかじめご了承ください

カリキュラム

1.売場観察の目的と考え方

  • 目的、数値での把握、店舗の選び方、等

2.店舗環境の理解

  • 商圏の範囲と世帯特性(規定要素、地図情報システムの活用)例
  • 立地特性による買物ニーズの違い例
  • 来店客層の把握例
  • ミニ演習例
  • 観察結果集約テンプレート例

3.店内全体の見方

  • お客様の店内買物行動の知識
  • フロアレイアウトと客動線
  • 店舗全体の品揃え特徴の把握(食品スーパー、ドラッグストア)
  • 店内販促のチェックポイント
  • 接客・サービスレベルの確認と定性情報の記録
  • 観察結果集約テンプレート例

4.定番売場の見方

  • 提唱売場の店内での位置と客動線のチェック
  • 良い売場の要件とグルーピング
  • 売場の特徴の把握(売場規模、ゾーニング、フェイスの把握、等)
  • 価格の記録(中心価格帯、定点観測、バスケット価格、等)
  • 品揃えの特徴の見方(価格帯別品揃え、市場カバー率分析、等)
  • 自社商品・ベンチマーク商品のチェックポイント
  • 観察結果集約テンプレート例

5.観察結果のレポートの作成

  • 観察結果のまとめ方とテンプレート例

6 講座のまとめ

  • 講義内容の振り返り

参考資料

  • JSTAT MAPによる商圏データ出力方法

※都合により、プログラムに変更が生じる場合があります

講 師

公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 教育・研修事業担当
祝 辰也(いわいたつや)

プロフィール:
・ 外資系金融サービス会社を経て、1992年流通経済研究所入所
・ 2003年から2015年まで小売向けデータサービス会社、市場調査会社に勤務
・ 2015年4月流通経済研究所に復帰・現職、公開講座の他、個別企業(メーカー、卸、小売)向け研修を数多く担当
主な研究領域:
・ POS・ID-POSデータ分析・活用、ショッパー行動、小売マーケティング
主な著書・論文:
・ 「これだけは知っておきたいインストア・マーチャンダイジングの基礎知識」 『AJS Network』連載 2016年7月~2018年4月
・ 「シニア・ショッパーに関する10の定説を検証する」 『流通情報』2017年1月
・ 「カテゴリー・マネジメントを成功に導くためにⅠ~Ⅳ」、『流通情報』、2003年5月~10月(No.407~412)
・ 『インストア・マーチャンダイジングがわかるできる』、ビジネス社、2001年(共著)

開催概要

開催日時 2020年6月26日(金) 13:00~17:30終了
2020年11月27日(金) 13:00~17:30
会場 公益財団法人流通経済研究所 セミナールーム1
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F(最寄駅:市ヶ谷駅)
定員 30名
(10名に満たない場合には中止する場合があります)
受講料 1名につき 33,000円(消費税別)
・お申込受付後、ご請求書を郵送させていただきます。
・参加費は、請求書に記載されております、「お支払い期限」までに指定の銀行口座へお振り込みください。
・受講票は、開催1週間前から順次発送を開始いたします。
・開催間際のお申込みは、ご参加いただけない場合もございます。あらかじめお電話でご確認ください。
また、振込受入票をもって領収書にかえさせて頂きます。
パンフレットダウンロード

申込み方法

下記のボタンから申込書フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
お申し込み受付後、ご請求書を郵送させていただきます。 お申込み

お問い合わせ先

公益財団法人 流通経済研究所
担当:伊藤・祝(いわい)

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル
TEL:03-5213-4532 FAX:03-5276-5457 お問い合わせ