棚割作成基礎講座
・データを用いた「根拠のある」スペース・マネジメントの手法を学ぶ
・インストア・マーチャンダイジング(ISM)理論に基づいた、「買いやすい」グルーピング、ゾーニングの考え方を学ぶ

日程 2020年6月12日(金) Web配信(ライブ)のみでの開催に変更しました
2020年10月9日(金) Web配信 未定
時間 13:00~17:30
会場 公益財団法人 流通経済研究所 セミナー・ルーム1

《Web配信(ライブ)による受講のご案内》

6月12日開催の本講座につきましては、3密の状況を避けるため、Web配信(ライブ)のみでの開催に変更いたしました。
お申込みに際しては、「お申込み」ページにて「Web配信(ライブ)で受講」を選択し、テキスト送付先住所についてご明記お願いいたします。
テキストは事前にご受講者宛に郵送いたします。
またWeb開催でも配信ツールのQ & A機能からご質問をテキストでお送りいただき、講義中または終了後にお応えいたします。

「根拠のある」 棚割作成の基礎を身につける

 オペレーション効率化の観点から棚割システムを導入する小売業が増えており、メーカー・卸が棚割プラン作成に協力する機会も増えています。
 棚割を作成する際、取扱商品の改廃だけでなく、グルーピングや取り扱いSKU数、グループ間のスペース配分、ゾーニングなど、「決めなければならい」要素は多数ありますが、こうした要素はどのように決定したらよいのでしょう?
 小売POSデータや市場データを活用し、インストア・マーチャンダイジングの理論を反映することで、「なぜこの棚割が良いのか」つまり「根拠のある」提案が可能になります。
 本講座では講義と演習を交えたカリキュラムにより、棚割作成の理論、知識、手順および実践力の養成を図ります。

受講をお勧めする方

メーカー、卸、小売で棚割作成の業務にたずさわる方で、
  • 新たに棚割提案作成にたずさわることになった方
  • 自己流で棚割作成をしてきたが、あらためて基礎を確認したい方
  • 棚割作成はするがデータや ISM理論をほとんど使っていない方
  • 棚割提案を受ける側として、提案内容を客観的に評価するための考え方を学びたい方

※業種により、お申し込みをお受けできない場合がございます。あらかじめご了承ください

カリキュラムの特徴

  • 流通経済研究所の30年以上にわたる店頭研究・消費者行動研究に基づく「インストア・マーチャンダイジング」理論のうち、とくに棚割作成の定石となる内容を習得します。
  • SKU数の増減、スペース配分に関わる、POSデータおよび市場データの集計方法と読み取り方を学び、「棚割方針」の作成の仕方を習得します
  • 実際のデータを元に作成したケースに基づいた演習により、講義で学んだ内容の定着をはかります。

カリキュラム

■講義 棚割作成に関する知識を講義形式で学びます

1. 棚割作成にかかわるISM理論
  • 「買いやすい売場」のためのグルーピングの考え方
  • 消費者の行動の特性とゾーニング・フェイシングの原則
  • 視認性を高めるための陳列の工夫
  • 優位置とフェイス数の使い分け(「売れる」商品と「売りたい」商品)
2. データに基づく棚割方針(根拠)の策定
  • 棚割作成の手順
  • データに基づく棚割方針の策定
    - グループ間のスペース配分評価・見直し
    - POS実績によるスペース配分の評価と増減
    - POS実績によるグループ別SKU数の評価と増減
    - 市場トレンドの考慮
    - 棚割方針の作成
  • クロスABC分析による品揃えの検討
    - 市場データ利用にあたっての注意点
    - 商品選択時の特性と品揃えのポイント
  • ゾーニング改善のチェックポイント
  • 品揃え・棚割案 の作成
  • 棚割ツールの活用
  • まとめ
    - 講義のまとめ
    - 棚割作成における注意点

■演習 棚割分析の読み取りからゾーニング案・品揃え案の作成、までを演習により体験します

▼演習
  • 演習1:棚割方針の作成
  • 演習2:ゾーニング案の作成
  • 個人ワーク → グループワーク → グループ発表
▼参考資料
  • 分析効率化のためのExcel条件付き書式の使い方
  • ID-POSによるコンシューマ・ディシジョン・ツリー(CDT)分析手順
  • 単品・週次POSデータの定番・特売分解

講 師

公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 教育・研修事業担当
祝 辰也(いわいたつや)

プロフィール:
・ 外資系金融サービス会社を経て、1992年流通経済研究所入所
・ 2003年から2015年まで小売向けデータサービス会社、市場調査会社に勤務
・ 2015年4月流通経済研究所に復帰・現職、公開講座の他、個別企業(メーカー、卸、小売)向け研修を数多く担当
主な研究領域:
・ POS・ID-POSデータ分析・活用、ショッパー行動、小売マーケティング
主な著書・論文:
・ 「これだけは知っておきたいインストア・マーチャンダイジングの基礎知識」 『AJS Network』連載 2016年7月~2018年4月
・ 「シニア・ショッパーに関する10の定説を検証する」 『流通情報』2017年1月
・ 「カテゴリー・マネジメントを成功に導くためにⅠ~Ⅳ」、『流通情報』、2003年5月~10月(No.407~412)
・ 『インストア・マーチャンダイジングがわかるできる』、ビジネス社、2001年(共著)

開催概要

開催日時 2020年6月12日(金) 13:00~17:30
2020年10月9日(金) 13:00~17:30
2021年2月26日(金) 13:00~17:30
会場 ※6月12日は、Web配信(ライブ)のみでの開催に変更しました
公益財団法人流通経済研究所セミナールーム1
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F(最寄駅:市ヶ谷駅)
参加費 1名につき 33,000円(消費税別)
※参加ご希望人数により、個別企業向けの講座開催も承ります

申込み方法

下記のボタンから申込書フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
お申し込み受付後、ご請求書を郵送させていただきます。 お申込み

お問い合わせ先

公益財団法人 流通経済研究所
担当:中田・祝(いわい)

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル
TEL:03-5213-4531 FAX:03-5276-5457 お問い合わせ