小売業基礎講座
~食品・日用品小売業への営業力・その基本とポイント~

本年度の講座は終了いたしました。
多数のご参加、ありがとうございました。

日程 2020年5月22日(金) 13:30~17:00終了
会場 Web配信(ライブ)のみでの開催に変更しました

《Web配信(ライブ)による受講のご案内》

本講座は、Web配信(ライブ)による受講が可能です。
Web配信による受講を希望される方は、「お申込み」ページにて「Web配信(ライブ)で受講」をご選択ください。
・テキストは事前にご受講者宛に郵送いたします。
・質疑応答は、配信ツールのQ&A機能からテキストでお送りいただき、講義中または終了後にお応えいたします。

本講座の概要

 本講座は、食品・日用品小売業(スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ドラッグストア等)に向けた営業提案を考えるにあたり、知っておきたい基礎知識とビジネス上のポイントを短時間で修得できる基礎講座です。
 食品・日用品小売業への営業提案に必要な知識を深めたい方、これまでの実務経験を振り返り、より良い営業活動を考えたい方は、ぜひ参加をご検討ください。

本講座の内容

 本講座では「食品・日用品小売業が直面する課題を的確に分析・理解するための知識」「営業提案や売場開発などの取り組みを円滑に進め、成功に導くポイント」を確認します

「小売業基礎講座」で扱う項目

受講をお勧めする方

食品・日用品小売業との取引をされるメーカー・卸・営業支援企業等のうち、
  • 営業経験が1~5年程度のチェーン営業担当者
  • その他、小売業に関する基礎的な知識を短時間で整理したい方

※小売業の方からの受講も歓迎いたします

カリキュラム

  • パート1 「小売業の分類と産業構造」では小売業の分類や構造変化など小売市場動向に関する基礎を習得します
  • パート2 「主要業態の営業特性・損益構造」では、具体的な事例分析もまじえて、小売業の経営指標の見方を学びます
  • パート3 「チェーン小売業の組織と経営課題」では、小売業の組織の特徴や役割を理解し、対応しなければならない課題について学びます

パート1:小売業の分類と産業構造

(1)小売業の分類
(2)小売業の構造変化:事業所数・売場面積・年間販売額の推移
-業種別の小売構造
-業態別の販売構成比の推移
(3)地域別の食品市場規模と上位集中度

パート2:主要業態の営業特性・損益構造

(1)業態別の営業特性:売上規模、売場面積、取扱品目数、客単価等
(2)業態別の損益構造:営業収益、売上総利益、販売費、経常利益等
(3)成長性の見方(事例分析):売上高、売場面積、経常利益等
(4)収益構造の見方(事例分析):営業利益の分析

パート3:チェーン小売業の組織と経営課題

(1)チェーン小売業の組織
-チェーン形態と組織の特徴
-本部と店舗の役割
(2)ECとリアル小売業
(3)小売業の直面する経営課題
-労働生産性の向上と人材確保
-売上規模拡大の限界
-マーケティング力の強化

講師

公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 加藤 弘之
メーカー・卸営業担当向け研修、小売バイヤー向け研修を数多く担当
主な研究領域:POS・ID-POSデータ活用、ショッパー行動、小売マーケティング

公益財団法人 流通経済研究所 常務理事 山崎 泰弘
研究所における消費者・店頭領域に関する研究を統括。メーカー・卸営業、小売業向け研修やコンサルティングなども担当
主な研究領域:協働マーチャンダイジング、ショッパー行動、小売業態動向

開催概要

開催日時 2020年5月22日(金) 13:30~17:00終了
会場 ※Web配信(ライブ)のみでの開催に変更しました
受講料 1名につき 24,000円(消費税別)
・お申込受付後、ご請求書と受講料のお振込先を併せて郵送させて頂きます。
・振込料は貴社でご負担下さい。
また、振込受入票をもって領収書にかえさせて頂きます。

お問い合わせ先

公益財団法人 流通経済研究所
担当:中田、加藤(弘之)

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル