ショッパー・マーケティング研究会

研究テーマと、2018年度のプログラム予定

本研究会が注力していること

ショッパー・マーケティング研究会は2011年度に発足し、
参加企業(メーカーや卸売業など)の支持を得る形で8年目を迎えます。
当研究会では、参加企業の課題意識や要請に応える形で、以下に挙げた課題の把握、報告に注力しています。

1. 小売チェーンや、売り場が直面している課題を理解する

業態(スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニなど)によって、現在直面している課題は異なります。またチェーンの規模や出店エリアによっても同様で、チェーンが直面する問題点は、「売場」に強く顕在化します。これら課題への解決アプローチは、新規店舗や改装店で具現化されます。売場づくりの重要トレンドや、売場に込められる経営の考え方を把握することが重要になります。

2. 生活者の買い物意識や、「消費者心理」を理解する。

経済環境や生活者のタイプに応じ、買い物にまつわる課題意識や、売場に要求することは相違します。またEC サイトやネットスーパーの普及に伴い、買い物先のオプションは多様さを増しています。
売場提案にあたっては、ショッパーが買い物で重視を強めていることや、購買・意思決定のベースにある「消費者心理」を理解することが重要になります。

月例形式の報告会を通じ、今日的な傾向ポイントを報告するほか、
毎回、有力実務家(小売業やメーカー)をゲストに招き、
取り組み事例を報告いただきます。

2018年度研究会のプログラム予定

以下ポイントに沿う形で、定例報告会のプログラムを構成します。
定例報告会のスケジュール日程はこちら

I リテーラー(SM、CVS、DGS、宅配・ECなど)の――
 「売り場・店舗が直面している課題」と、課題解決に向けた戦略を理解する

チェーンの課題認識や、戦略方向性をめぐっては、新規出店や店舗改装するタイミングで、読み取ることができます。新店や改装店における売場づくりの事例紹介を通じ、そこに介在する課題意識や戦略を解説します。

II ショッパーの買い物に関する意識・困り事や、ベースにある“消費者心理”を理解する

毎年実施するショッパーの買い物調査(※)や、研究 協力チェーンのID-POSデータの分析、店頭での来店客調査などを通じて、買い物意識の特徴や今日的な変化を、定期的に報告します。

III 効果的な売場づくりや、販売・マーケティング事例を研究する

※研究会で毎年実施する「ショッパーの業態・店舗選択に関する調査」について―
【調査で把握するポイント】
●買い物に関するストレス・支障について ●日常の買い物や店舗選択において重視するポイント●業態・チェーンの利用状況(利用頻度や、増減)●主に利用する買い物先チェーンの評価(GMS・SM、コンビニエンスストア、ドラッグストアでよく利用するチェーンについての評価)●「何を、どこでよく買うのか」―主なカテゴリ(約50 カテゴリー)の買い物で利用する業態 etc.

【調査対象者】
全国の20 歳以上の女性・男性 約5,400名
(東京圏、大阪圏、中京圏、札幌、仙台、北関東、広島、福岡・北九州、北陸・甲信越)

① 当調査は、2008年度から毎年継続しています(経年変化も報告)。
② 本調査レポートは、対外販売もしております(予価20~30万円)。研究会の参加企業については、参加費に含まれます。
③ 当調査結果は、参加各社にてクロス集計(年代別や職業別、世帯年収別など)できる機能のファイルにて、ご提供します。