流通ビジネススクール

流通ビジネススクールのご案内

 流通に携わる企業にとって、絶えず変化する環境へ対応していくためには人材こそが要であることはいうまでもありません。
 公益財団法人 流通経済研究所では、流通・マーケティングの専門シンクタンクとして50年にわたる研究・調査・コンサルティング活動から蓄積してきた様々な知見に基づき、人材開発講座として「流通ビジネススクール」を開催しております。
 「流通ビジネススクール」では、レベル・領域に応じて多様なプログラムを年間を通じてご用意しております。御社の計画的な人材開発にお役立てください。

講座一覧

講座体系

※各講座の詳細・スケジュールにつきましては以下をご参照ください

初級入社1〜3年目程度の方、あらためて基礎を学びたい方を対象とした講座です

中級3年以上の実務経験のある方が、特定の分野を深く学んでいただく講座です

上級3年以上の実務経験のある方およびマネージャー レベル以上の方を対象とした、専門性の      高い講座です

「流通ビジネススクール」の特徴

50年にわたる蓄積と本質の理解

 公益財団法人流通経済研究所は流通専門シンクタンクとして50年にわたり、流通・マーケティングに関する様々な分野について研究・調査を行ってまいりました。「流通ビジネススクール」の各講座のカリキュラムおよび教材は、こうした長年の研究の蓄積に基づいています。単に目の前の事象や技術を学ぶだけでなく、本質を理解することで応用力を高めていただくことができます。

最新動向による教材のアップデート

 弊所は流通専門シンクタンクとして現在も、流通・マーケティングに関する様々な分野について研究・調査を行っており、またその結果を研究会やセミナー等の場でご報告しております。「流通ビジネススクール」の各講座では、そうした最新の動向に基づいて常に教材をアップデートしております。

実務に即した実践的なカリキュラム

 弊所では研究・調査活動を通じて、また研究会やコンサルティング、個別の研究・調査受託を通じて、実務家の方々と幅広く、またさまざまな階層で接点を持ち、実務的な課題や動向の把握に努めております。「流通ビジネススクール」では、単に知識や技法の習得だけでなく、実務への適用を念頭に置いてカリキュラムを開発しています。

経験豊富な講師陣

 「流通ビジネススクール」では現役で研究・調査業務に携わる弊所研究スタッフのほか、客員スタッフとして大学で教鞭をとる弊所OB、外部より招へいした専門家が各講座の講師を務めます。

領域・専門性・受講者のレベルに応じた多彩な講座

 「流通ビジネススクール」では、“流通業界” や “店頭” の基礎から、政策策定やアナリストまで、領域や専門性、受講者のレベルに応じた多彩な講座をご用意しております。エントリーレベルから、中堅、シニアまで幅広い人材開発をサポートいたします。詳しくは次ページ以降の「各種講座のご案内」をご参照ください。

各講座の概要

初級
101
5月16日(火)
時間:3時間
詳細
小売業入門講座
講座の目的
主要小売業態の業界構造、事業組織、損益構造、生産性等、チェーン小売業の基本的な仕組みを理解します
概要
  • 小売業態の分類と産業構造
  • 主要業態の営業特性・損益構造
  • チェーン小売業の組織と機能
  • 各小売業態の今日的課題
おすすめしたい方
新入社員〜入社5年目程度まで
(※業種によってはお断りする場合がございます)
201
3月10日(金)
9月1日(金)
3月9日(金)
時間:半日
詳細
インストア・マーチャンダイジング基礎講座
講座の目的
「売れる」売場づくりに関する製配販共通の基礎であるインストア・マーチャンダイジング(ISM)の基本を習得します
概要
  • ISM理解の必要性と消費者の購買行動
  • スペース・マネジメント (フロアレイアウト、定番棚割)
  • インストア・プロモーション (価格、エンド、チラシ・・・・)
おすすめしたい方
小売業で販売実務に関わる方や、メーカー・卸売業の営業担当者で、
  • 売場づくりの基礎を学びたい方
  • 棚割作成や販売促進に必要なISMの知識を身につけたい方
  • ISMについて短時間で理解したい方
202
11月10日(金)
時間:1日
詳細
売場観察力育成講座
講座の目的
売場の理解、課題発見から改善提案につなげていくための店頭の見方、比較の仕方を習得します
概要
  • 売場視察・課題発見のためのポイント、習得しておくべき知識
  • フィールドワーク(実際の売場での観察実習*)
  • グループワーク(課題整理、提案作成)
*SMチェーン様のご協力のもとに実施します
おすすめしたい方
メーカー・卸売業の担当者で、
  • 売場を見るための基本的な知識を習得したい方
  • 小売業向け提案に売場課題を織り込み、説得力を持たせたい方
    (※業種によってはお断りする場合がございます)
中級
102
6月27日(火)・28日(水)
時間:2日
詳細
小売業態動向講座
講座の目的
主要小売業態の直近の決算と基本的な動向を把握します
概要
  • 主要5業態(GMS、SM、CVS、DRG、HC)の上場企業の直近決算と今期予想
  • 主要5業態(GMS、SM、CVS、DRG、DS)上位企業の直近5期の経営数値分析
  • 出店、店舗、商品、販売戦略などの最新動向
おすすめしたい方
メーカー・卸売業の方で、チェーンストアの基礎的な数値、各業態の最近の動向のポイントをおさえたい方
103
8月23日(水)
時間:半日
詳細
食料品卸売流通動向講座
講座の目的
食料品卸売流通の「現在」を学びます
概要
  • 食料品卸売業各社の決算情報
  • 食料品卸売業各社の戦略動向
おすすめしたい方
メーカーの営業企画、卸売営業担当者
104
9月20日(水)
時間:半日
詳細
日用品卸売流通動向講座
講座の目的
日用品卸売流通の「現在」を学びます
概要
  • 日用品卸売業各社の決算情報
  • 日用品卸売業各社の戦略動向
おすすめしたい方
メーカーの営業企画、卸売営業担当者
203
4月14日(金)
10月6日(金)
時間:半日
詳細
棚割作成基礎講座
講座の目的
データとISM理論を用いた「根拠のある」棚割作成の基礎を習得します
概要
  • グルーピングの考え方
  • データに基づくスペース配分と品揃えの基本
  • 棚割に関連するISM理論とゾーニング、フェイシングへの活用
  • グループワーク(データに基づく棚割方針作成→棚割作成)
おすすめしたい方
メーカー・卸売業・小売業で棚割作成の業務に携わる方で、
  • 実務経験が浅く、棚割作成の基礎を十分身につけていない方
  • 自己流で棚割作成をしてきたが、あらためて基礎を確認したい方
  • 棚割作成はするがデータやISM理論などを使ったことがない方
204
6月9日(金)
12月1日(金)
時間:半日
詳細
店頭プロモーション企画立案講座
講座の目的
店頭販促の立案・検証の仕方を学び、より効果的な販促提案を作成する力を身につけます
概要
  • 店頭販促の基本(種類や効果など)
  • 店頭販促企画立案のためのデータ分析手法
  • 店頭販促の効果検証方法
おすすめしたい方
メーカー・卸売業・小売業の担当者で、
  • 店頭販促の基本を学びたい方
  • 価格販促のみに頼らず、商品価値の訴求力や提案力を上げたいと考える方
205
4月21日(金)
7月21日(金)
10月20日(金)
12月15日(金)
2月20日(火)
時間:1日
詳細
提案型営業力育成講座
講座の目的
MD提案の質的向上と提案作成業務を効率化するノウハウを習得します
概要
  • 得意先の理解、MD提案の定石
  • POSデータ分析の考え方、分析の効率化
  • バイヤーに伝わる提案ストーリー作成と伝わる資料作成のコツ
  • グループワーク
おすすめしたい方
消費財メーカー・卸売業の営業担当者、営業スタッフ、営業サポート スタッフ等の方で、
  • 小売業やお客様の立場に立った提案へ脱却したい方
  • POSデータ分析からの課題発見力、改善提案力を身につけたい方
  • 大量のデータ分析結果を効率的に読み込み、売場課題を把握したい方
  • 新たに営業企画や提案資料作成、POSデータ分析を担当される方
301
2月17日(金)
6月16日(金)
10月13日(金)
2月16日(金)
時間:半日
詳細
ID-POSデータ活用講座T 基礎編
講座の目的
ID-POSデータに関する基礎知識と、主にカテゴリー課題の発見におけるID-POSデータ活用の「定石」を身につけます
概要
  • ID-POSデータの活用体系と購買指標の整理
  • 比較による指標の評価の方法
  • バスケット分析の理論と読み取り方
  • グループワーク
おすすめしたい方
メーカー・卸売業の営業、営業企画、営業支援を担当される方で
  • ID-POSデータを用いた小売業への営業提案をされる方
小売業の商品部、販売促進部、マーケティング担当者の方で
  • ID-POSデータを用いた売場改善・会員対応をされる方
302
6月23日(金)
11月17日(金)
時間:半日
詳細
ID-POSデータ活用講座U 応用編
講座の目的
豊富な分析事例から、店頭マーケティング、販促企画、製品開発・改良などにおけるID-POSデータの活用方法を学びます
概要
  • ID-POSデータの基礎知識(復習)
  • 事例に学ぶ目的別ID-POSデータ活用・集計方法
  • ID-POSデータ活用のポイント(特定の分析手法をより深く)
  • グループワーク
おすすめしたい方
メーカー・卸売業の方で
  • 店頭マーケティング、販促企画・提案を担当される方
  • 製品開発・改良、市場調査・消費者調査に携わる方
※「ID-POSデータ活用講座T 基礎編」の修了者または同等の 知識・経験のある方が望ましい
上級
105
7月26日(水)、
8月3日(木)
時間:半日×2
日間
詳細
流通チャネル・取引制度設計講座
講座の目的
市場・流通の構造変化を踏まえ、チャネル戦略を組み立てる取引制度と、その制度を実際に運用する価格・営業戦略に焦点を当てて、今後の戦略的な展開の方向について、専門家・実務家を交えて学びます。
概要
  • チャネル戦略の課題と取引制度
  • 先行企業の取引制度改定の事例分析
  • 価格戦略・営業戦略と取引制度の連動
  • 今後の営業組織・機能の革新の方向
おすすめしたい方
メーカーの小売業・卸売業向け営業・チャネル戦略の企画担当者
(営業企画部の責任者)
<参加対象:メーカーに限定>
303
夏期:6月29日(木)〜7月13日(木)
冬期:1月12日(金)〜26日(金)
時間:半日×3回
詳細
ID-POSデータ活用講座V 実践編
講座の目的
ID-POSデータの分析手法と売場での活用について、幅広い知識と技術を持つスペシャリストを目指します
概要
  • 統計学とデータ解析の理論
  • ID-POSデータによるブランド購買状況の評価
  • ID-POSデータによる品揃え企画
  • ID-POSデータによる販売促進企画
  • ID-POSデータによるクロスMD、多ヶ所陳列の企画
おすすめしたい方
メーカー・卸売業の営業担当者で
  • ID-POSデータを用いた営業提案を行いたい方
メーカー・卸売業の営業企画・営推進部門で
  • ID-POSデータを用いた営業を推進されている方
※「ID-POSデータ活用講座T 基礎編」の修了者または同等の 知識・経験のある方が望ましい
401
春期:4月18日(火)〜6月13日(火)
秋期:9月26日(火)〜11月14日(火)
時間:半日×7回
詳細
店頭マーケティングアナリスト養成講座
講座の目的
店頭マーケティングに必要なデータ分析と売場提案のすべてを身につけ、売場づくりのスペシャリストを目指します
概要
  • 店頭マーケティングと消費者行動の理論
  • カテゴリー・アセスメントの基本と商品構成・品揃えの改善手法
  • 売場スペースの改善手法
  • 店頭プロモーションの考え方と改善手法
  • 店頭価格設定の改善手法
  • ID-POSデータを活用した協働MDの考え方・販促提案手法
  • 売場診断、改善提案総合実習
おすすめしたい方
メーカー・卸売業:
  • 営業企画、マーケティング、営業(チェーン本部担当) 各担当者
小売業:
  • 商品部、販売促進部、マーケティング部 各担当者
601
8〜9月
時間:半日×4回
詳細
流行心理ゼミナール
講座の目的
商品・売場・販促企画開発のために、流行のメカニズムや消費者の流行心理を理解し、商品やサービスを生み出す手法を学びます
概要
  • 流行心理の基本概念や、流行商品の要素の理解
  • コミュニケーション論を通じた流行の理解
  • ヒット商品・定番化を生み出すための実践的トレーニング
おすすめしたい方
メーカーの商品開発、ブランドマネージャー、営業企画担当で、
  • ヒット商品が生まれる仕組みを理論的に学び、自社の商品・サービスの企画、売り方、店頭の開発に活かしたい方

※2017年2月現在の内容です。
※講座内容は変更の場合があります。

公開の人材教育講座の他に「個別企業向けの委託研修」も実施しております
詳しくは『個別企業向け研修』ページへ

お問い合わせ

公益財団法人流通経済研究所
担当:祝(いわい)、土屋
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4532 FAX:03-5276-5457

お問い合わせ

ダイレクトメールのご登録

  • 人材開発講座・セミナーの開催情報などのダイレクトメールのご登録・変更は
    こちらのページにて承っております