プログラム・タイムスケジュール

  1. 2月3日(水)
  2. 2月4日(木)
  3. 2月5日(金):A会場
  4. 2月5日(金):B会場
「顧客に選ばれる」ための、流通・マーケティングの変革
今後の事業・マーケティング計画を検討する上で、これまで以上に経済政策の方向性や環境変化を注視し、変化に対応する必要性が増しています。
本セッションでは消費財流通に関わる政策方向性や課題を報告するほか、生活者および顧客の変化への対応視点を考察します。 「顧客に選ばれる」べく、
ニーズへの的確な対応や需要創造のアプローチを強化する企業を登壇者に招き、その取り組みポイントや、視点・戦略を報告いただきます。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜9:40
ご挨拶と問題提起
公益財団法人 流通経済研究所 専務理事
加藤 弘貴
9:40〜10:20
わが国流通の課題と経済産業省の流通政策について
これからの流通を展望する上で、産業レベルのマクロ的な観点を持つことが重要です。
経済産業省の流通政策ご担当者より、日本の流通に関わる課題認識、流通政策の考え方と方向性について解説いただきます。
経済産業省 商務情報政策局
商務情報政策局 商務流通保安グループ 流通政策課長
 
野村 栄悟氏
10:20〜10:50
流通サプライチェーンと製・配・販連携の展望と課題
流通経済研究所は、経済産業省がサポートする「製・配・販連携協議会」の運営を担当しております(2011年〜)。協議会での議論・活動を踏まえた、今後の流通サプライチェーンの変革方向性について報告します。
公益財団法人 流通経済研究所 専務理事
加藤 弘貴
11:00〜12:20
消費と流通の今を捉え、先を読む2016
・ 市場、流通の変化がもたらすリスクとチャンス
・ 消費税率引き上げ・複数税率制移行問題
・ 市場、流通の長期展望と課題の検討
公益財団法人 流通経済研究所 理事/拓殖大学 商学部教授
根本 重之
12:20〜13:20 昼食懇親会
13:20〜14:40
ライフコーポレーションの需要創造に向けた戦略
2015年度より第五次中期3カ年計画をスタートしたライフコーポレーション。「全店舗がお客様から最も信頼される地域一番店になる」という明確なビジョンの下、成長と飛躍の3ヵ年の実現に向けて、全社一丸となって策定した中期計画の取り組みを中心に、お話いただきます。
株式会社 ライフコーポレーション 代表取締役社長 COO
岩崎 高治氏
14:55〜16:15
生協の宅配事業を取り巻く環境と、今後の展望・課題
各地の生協では、社会環境変化による生活者ニーズを捉え、事業化する為の様々な取り組みを行っています。
各地生協への事業・企画支援などを担う立場より、生協の宅配事業を取り巻く環境や、今後の展望について以下の視点に沿ってお話いただきます。
 ・ 生協の宅配事業の現況と、国内市場の展望・課題 
 ・ 今後の社会環境を見据えた、宅配サービスのニーズと商機
 ・ 継続的成長に向けて、事業展開で注力すること
日本生活協同組合連合会 執行役員 
事業支援担当 兼 事業支援本部 本部長
 
稲橋 邦彦氏
16:30〜17:40
「やってみなはれ」――サントリーのマーケティングの流儀と経営
サントリーという企業は、いかなる視点・ものの考え方でマーケティング活動を行っているのか――。サントリーにおける「マーケティング流儀」を5つの切り口でご紹介します。またプログラムの最後のところでは、自らが「経営者として大切にしていること」について、述べさせていただきます。
@コーポレートブランドの向上 A顧客との強い関係づくり Bブランドのロングライフ化 C徹底的な顧客接点対応 DマーケティングROIの追究
公益財団法人 流通経済研究所 理事長/
サントリーホールディングス株式会社 最高顧問
 
青山 繁弘

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

経済動向の展望と、多様化する顧客ニーズへの対応視点
セッション前半では2016年の国内経済の動向・展望や、購買促進に向けたマーケティング活動の対応方向性について有識者より提言いただきます。
後半では、多様化する顧客ニーズを捉え、有効なマーケティング活動やコミュニケーションを実践する有力企業を講演者に招き、取り組み事例や注力ポイントを報告いただきます。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜11:00
2016年度の日本経済展望
経常利益が過去最高を更新し企業が好調を維持する一方、相次ぐ値上げの影響で個人消費の回復が遅れるなど家計は苦戦が続いています。企業部門の改善が家計部門に広がることにより経済の好循環は実現するのでしょうか。消費税率の再引き上げを1年後に控えた2016年度の日本経済を展望します。
株式会社 ニッセイ基礎研究所 経済調査室長 
斎藤 太郎氏
11:15〜12:25
データドリブン時代のショッパー・マーケティング戦略
ショッパー・マーケティングはPOSデータからID-POSデータやソーシャルメディアなど、ビッグデータを活用したステージに入ってきました。ショッパー・マーケティングの現状と今後の課題について報告します。
公益財団法人 流通経済研究所 理事/
中央大学ビジネススクール教授
 
中村 博
12:25〜13:15 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
13:15〜14:30
ココカラファインが見据える「ドラッグストア」の役割と、需要対応のアプローチ
全国規模の店舗網を有するドラッグストアチェーン大手のココカラファインでは、店舗立地や地域の特性に合わせた「地域密着型」の品揃え・サービスを強化し、既存店の活性化につなげています。高齢化や、健康意識の高まりといった社会環境を踏まえ、ココカラファインが考える「ドラッグストア」の役割や、需要対応への取り組みについてお話いただきます。
 ・ ドラッグストア市場の展望と、ドラッグストアが今後担うべき役割
 ・ 今後の社会環境を見据え、ココカラファインが注力するアプローチや取り組み
 ・ 継続的成長に向けた戦略方向性、および取引先に期待すること
株式会社 ココカラファイン 代表取締役社長 
塚本 厚志氏
14:45〜16:00
生活者・顧客のニーズを掴む、明治のマーケティングの考え方と取り組み
健康志向の高まりなど、昨今の消費者ニーズを捉えた組織的な営業・マーケティング活動を展開し、業績が好調に推移する明治。生活者や顧客のニーズを掴むために、推進しているマーケティング活動や、取り組みアプローチをお話いただきます。
 ・ 国内市場の動向と、今後の展望
 ・ 生活者、顧客のニーズを掴むために、明治が手がけるマーケティング活動と取り組みアプローチ 
 ・ マーケティングを推進する上で大切にする考え方
株式会社 明治 営業企画本部 営業企画部長
中島 聡氏
16:15〜17:40
西友のマーケティングコミュニケーションの考え方
西友はEDLPを展開するチェーンとしてポジショニングを確立したほか、昨今では生鮮強化の認知を広げるなど、生活者とのコミュニケーションやブランディングに定評があります。2000年代後半より同社のマーケティング、ブランディングをけん引してきた富永氏より、チェーンストアが手がけるマーケティングコミュニケーションの考え方についてお話いただきます。
合同会社 西友
執行役員シニア・バイス・プレジデント(マーケティング本部)
 
富永 朋信氏

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

IT社会における小売業の新たなビジョン
ITの進化は、小売業の戦略に大きく影響すると考えられます。サプライチェーンの革新による生産性向上が期待される一方で、EC等で購買行動が変化する消費者への対応を考慮する必要があります。本セッションでは、前半でIT技術や環境の現状や将来を報告し、後半では今後の成長が期待される有力小売業を講演者に招き、これからの戦略や先進的な取り組みなどを報告いただきます。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜11:10
ICTの進展が消費財流通ビジネスへもたらすインパクト
消費財流通ビジネスのコンサルティングで実績・定評のある同社では、“ICT活用から戦略を構築する”というパラダイムで捉えることの必要性を説いています。ICTの進展がもたらす消費財流通ビジネスへのインパクトを5つの視点からお話しいただきます。
 @ 消費者の情報武装の進展(コンピュータの透明化)
 A 消費者の心理変容・行動変容の洞察の高度化(次世代型カスタマーインサイト)
 B 消費者との関係性の変化(消費者アプローチの高度化)
 C 革新的なビジネスモデルの台頭と消費者の支持獲得(その驚異と脅威)
 D より次元の高い競争へシフト(「協調」は絶対有利な競争戦略)
株式会社 NTTデータ経営研究所
事業戦略コンサルティングユニット パートナー
 
加藤 賢哉氏
11:20〜12:00
IT社会におけるショッパー・マーケティング
スマートフォンの普及によりショッパーの情報接触は大きく変化しており、購買行動にも影響を与えています。変化するショッパーの購買行動に対応した売場づくりや店頭プロモーションについて、近年の研究事例を用いて検討します。
 ・ ITを活用したショッパー理解
 ・ 購買行動の実態 〜近年の調査報告より
 ・ 変化するショッパーに対応したインストアマーチャンダイジングの方向性
公益財団法人 流通経済研究所 理事
山ア 泰弘
12:00〜12:50 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
12:50〜14:10
ベイシアグループのイノベーション経営から見た流通の将来像 
ベイシア、カインズ、ワークマンなどの優良チェーンを運営するベイシアグループでは、グループ各社のIT部門を完全統合しており、商品仕入れ等でのシナジー発揮に向けて注力しています。同グループのワークマンではIT活用を通じたイノベーション経営の実践や、商品開発の強化を推進しており、その取り組みやビジョンについてお話いただきます。
 ・ ベイシアグループのシナジーを実現するためのIT戦略と購買戦略
 ・ サプライチェーン改革 − 日本初の買取型ベンダー自主納品の現状
 ・ 小売業界No.1の超効率経営をめざすワークマンの中期業態変革ビジョン
株式会社 ワークマン
常務取締役(ベイシアグループIT戦略会議議長)
 
土屋 哲雄氏
14:25〜15:45
食品スーパーマーケットの将来を考える
急進するICTとお客様のライフスタイルの変化に対し、”食”を提供するスーパーマーケットはどのように進化すべきか。変革に向けた組織・機能のあり方と、新たな価値の創造についてお話いただきます。
 ・ お客さまのライフスタイルと食の変化
 ・ スーパーマーケットが目指すべき価値創造
 ・ スーパーマーケットにおけるICTの活用
株式会社 カスミ 常務取締役 上席執行役員 
ロジスティック本部マネジャー
 
山本 慎一郎氏
16:00〜17:20
ファミリーマートが目指す新たなコンビニエンスストアの確立に向けた取り組み
大手CVSチェーンのファミリーマートでは、“新たなコンビニエンスストア”の確立に向けて、各種取り組みの強化を推進しています。マーケティングを統括する立場から、次世代のコンビニエンスストアの考え方や、顧客との関係強化に向けた取り組みについてお話いただきます。
 ・ ファミリーマートが目指す次世代コンビニエンスストア
 ・ 新しいコンビニエンスストアに求められる商品とサービスについて
 ・ お客様とのつながりをより深めるためのIT活用について
株式会社ファミリーマート 審議役 総合企画部マーケティング室長 
叶田 義春氏
17:20〜17:30
まとめ
公益財団法人 流通経済研究所 理事 
山ア 泰弘

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

訪日外国人需要への対応戦略と、2016年の商機
政策的な後押しも背景に、日本を訪れる外国人観光客は大きく増えています。「爆買い」に象徴されるように、訪日外国人によるインバウンド消費が年々増加し、消費財流通へのインパクトが高まっています。
本セッションでは、訪日外国人の需要獲得で成果を挙げる消費財メーカーや小売業にスポットを当て、消費財流通にとってのビジネスチャンスや対応の方向性を報告します。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜10:40
訪日客需要の拡大に向けた政府の取り組み
訪日外国人による消費は2015年7-9月期に四半期ベースで初めて1兆円の大台を超えるなど、力強さを増しています。官民を挙げて、訪日客消費の拡大を目指す動きが広がる中、訪日プロモーションや免税制度の改正に向けた検討など政府の政策・取り組みについてお話いただきます。
国土交通省 観光庁
観光戦略課係長(兼)免税制度推進チーム
 
矢後 彰悟氏
10:55〜12:00
2015年のインバウンド市場と2016-2017年の展望
訪日客の動向、小売業への対応、カテゴリーへのインパクトなど、2015年1年間の動向を総括し、2016年〜2017年に向けたインバウンド市場の展望について報告します。
 ・ 中国の経済減速は訪日客の数や行動にどのように影響を与え、今後どうなっていくのか
 ・ 越境ECの拡大はインバウンド市場にどのような影響をもたらすか
 ・ 企業のインバウンドの取り組みはどのように進化してきているか
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 
神谷 渉
12:00〜13:00 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
13:00〜14:10
キットカットのインバウンド・マーケティング戦略
日本を訪れる海外からの観光客に絶大な人気を誇るキットカット。訪日客に支持された背景と、更なる訪日客の獲得に向けたキットカットを中心とするネスレ日本のマーケティング戦略についてお話いただきます。
 ・ なぜキットカット抹茶味は訪日客に人気なのか
 ・ インバウンド需要獲得に向けたマーケティング
 ・ 更なるインバウンド需要獲得に向けた展望
ネスレ日本株式会社
コンフェクショナリー事業部 マーケティング部 部長
 
槇 亮次氏
14:25〜15:35
インバウンド需要獲得に向けた資生堂のマーケティング戦略
中国人訪日客を中心に「爆買い」の対象となっている日本の化粧品・日用品。訪日客への知名度の高さと人気で先行する資生堂ブランドの、訪日客に向けたマーケティング戦略についてお話いただきます。
 ・ 資生堂商品に対するインバウンド需要の現状、「爆買い」の背景
 ・ 訪日客へのマーケティングの変化
 ・ 帰国後を見据えたブランド作り、コミュニケーション
資生堂ジャパン株式会社 ブランド戦略部 部長
関川 祥氏
15:50〜16:50
海外からのお客さまに対するイオングループあげての取り組み
日本国内のみならず、アジアにも展開するイオングループ。海外からのお客さまに対するグループあげての取り組み事例をご紹介いただきます。
 ・ 海外からのお客さまの買物動向
 ・ 国内外のグループをあげた取り組み
 ・ 今後、イオングループの目指すこと
イオンリテール 株式会社
コミュニケーション本部 マーケティング部 インバウンドチーム リーダー
 
石原 みどり氏
16:50〜17:00
まとめ
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 
神谷 渉

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

お申込みは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。

お申込みフォーム

下記のフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。
お申込み受付後、参加費のご請求書をお送りします。
なお、請求書の送付先が参加者の方と異なる場合は、必ず「請求書送付先」にご記入ください。(とくにご記入のない場合は、ご参加の方にお送りします)

セッション選択について:
A会場またはB会場にて終日どちらか一方の受講となります。当日、途中でのセッション変更はお受けできませんので、予めご了承下さい。

*」印は必須項目です、もれなくご記入ください。

貴社名 *
参加者名 *
ご所属・お役職 *
E-Mail *
郵便番号 * -
所在地 *
電場番号 * --
請求書送付先: お名前
上記と異なる場合のみ
請求書送付先: 部署名
上記と異なる場合のみ
請求書送付先:郵便番号
上記と異なる場合のみ
-
請求書送付先: 住所
上記と異なる場合のみ
請求書送付先: 電場番号
上記と異なる場合のみ
--
参加日 * 2月3日(水)のみ参加 50,000円(税込 54,000円)
2月4日(木)のみ参加 45,000円(税込 48,600円)
2月5日(金)のみ参加 45,000円(税込 48,600円) ※A会場、B会場とも同額
3日間参加 130,000円(税込 140,400円)
(2月3日〜5日の3日間通し)
セッション選択*
2月5日参加の場合は選択
A会場またはB会場どちらかのセッションをお選び下さい(当日、途中でセッションを変更する事はできません)。
A会場 IT社会における小売業の新たなビジョン
B会場 訪日外国人需要への対応戦略と、2016年の商機
各種案内 不要  (大会および関連セミナーのご案内をさせていただく場合があります。)
連絡通信欄