量販チャネル研究会

運営方法・昨年度プログラム

本研究会の運営方法・・・メーカーの視点での情報収集と報告

本研究会における報告の方法

研究会での報告は、事務局による自主研究と外部講師の講演による2つの方法で行います。

-事務局報告
  • 毎月事務局が、研究会の趣旨に沿う情報収集・検討の成果をご報告します。
  • GMS、SM、CVSを中心にドラッグストア、ホームセンターを含めた上場チェーンの本決算・四半期決算の状況は情報が揃い次第ご報告します。
  • 年度の途中、注目すべき動向が見られた場合は、逐次情報を収集してご報告します。
  • 事務局報告資料はPDFファイルで、決算数値はエクセルファイルでもご提供します。
-外部講師による事例報告、研究報告
  • メーカー、卸売業、チェーン小売業の実務家、業界の専門家などを招き、研究会のテーマに沿った事例報告、研究報告等をお願いします。

懇親会を毎回開催

-研究会終了後には、毎回懇親会を開催します。
-各企業の優秀なスタッフの参加を得ており、会員相互の情報交換も貴重です。

会員専用ホームページ

-本研究会は、会員専用のホームページを開設しており、下記のファイルがダウンロードできます。

  • 事務局作成の報告資料のPDFファイル
  • 決算数値のエクセルファイル

-また本研究会会員は、(公財)流通経済研究所のホームページから機関誌『流通情報』の記事・論文のPDFファイルを閲覧・ダウンロードできます。

本研究会の企画および運営の方針

-本研究会における情報の収集、整理は、明確にメーカーの視点に立って行います。
-調査・研究の内容、また外部講師の選定についても、研究会参加企業のご関心を可能な限り取り込ませて頂きますので、ご要望をお寄せ下さい。
-毎月の研究会のプログラムは、前月末までに派遣責任者とご参加者あてにご案内します。

昨年度(2018年度)の各月報告テーマ

昨年度は下記のようなテーマで毎月の研究会を開催しました。本年度はこれらの成果を踏まえ、より有効な情報をご提供できるよう鋭意努力を続けます。

昨年度(2018年度)の各月の報告テーマ

開催月 テーマ 報告者
18年
5月
●CVS、GMS、SM主要企業の決算レビューと今期展開のポイント
●ベルクに関する基礎情報、IYとイズミの提携など
●ドラッグストアの現状と将来展望
根本/後藤
根本
実務家
6月 ●ドラッグストア上場チェーンの前期決算と今期展開のポイント
●SEJネットコンビニの評価、コープさっぽろ、ウォルマートの最近のEC、IT活用分野での新たな動き
●ライフネットスーパーの現状と今後の展開
後藤
根本

実務家
7月 ●主力業態の第1四半期決算概況
●中国ニューリテイルの最新動向から
●サントリーが考えるリテール・マーケティング
根本/後藤
研究員
実務家
9月 ●この夏の流通の変化:CVS、GMS・DS、SM、ドラッグ主要チェーンの動向、新たな段階に入ったデリバリー・サービス
●ドラッグストアのトップ層と関心を共有できるようになるために一度おさえておきたい基礎知識
●POSデータダウンロード業務へのRPA導入の経緯と活用状況
●阪急オアシスの現在とこれから
後藤

根本
実務家
実務家
10月 <合宿研修>
●講演「サツドラの現状と最近の展開」
●講演「ラストワンマイルと社会貢献~宅配トドックの優位性~」
●店舗視察:サツドラ、コープさっぽろなど

実務家
実務家
視 察
11月 ●主力業態の上期決算のレビューと下期展開のポイント
●2019年10月予定の消費税率引き上げのインパクトと基本的な対応
●ビジネスで活躍するAI、機械学習の進め方
後藤
根本
実務家
12月 ●2018年のレビューと2019年の展望:2018年の小売業の主要な変化、2019年のスケジュール
●市場・流通の長期展望と来年のキャッシュレス決済時のポイント支援問題
●ECを取り巻く環境の変化とLOHACOの展開
根本/後藤
根本
実務家
19年
2月
●主力業態の第3四半期決算ポイントと新たな展開、注目小売業の展開
●キャッシュレス決済、軽減税率関連問題
●2019年のリージョン別イベント情報
●生協の現状と今後の事業戦略
根本/後藤
根本
根本
実務家
3月
(予定)
●直近の大手小売業の動向から:アマゾン、楽天などEC企業、チェーン小売業の展開から
●消費税率引き上げ、キャッシュレス・消費者還元事業への対応など
●メーカー支店におけるオフィス改革、働き方改革の実現
根本/後藤
根本
実務家