流通経済研究所 流通研究セミナー
【参加無料】農産物流通研究セミナー
〜生産者と食品製造業者間における契約取引の実態と成功パターン〜

本セミナーは農林水産省「平成30年度 食品製造業における原料調達動向分析調査等委託事業」の一環として開催されます

開催日 2019年3月5日(火)13:30〜17:30
会場 全国町村会館 ホールA
東京都千代田区永田町1-11-35
受講料 無料(農林水産省の調査事業の一環として実施しています)

お申し込み お問い合わせ

パンフレット(PDF)ダウンロード

セミナーの概要

開催の背景

 近年、農産物の流通経路が変化し、生産者と食品製造業者間における契約取引が広がっています。これは流通の効率化や品質の向上を通じて、生産者と食品製造業者の双方の利益につながることが期待される取組みです。一方、すべての直接取引が成功しているわけではありません。このような背景のもと、契約取引を成功につなげるための調査・研究が求められています。

セミナーの内容

 本セミナーでは、流通経済研究所の研究員が行った調査を元に、契約取引等の実態と優良事例、成功・失敗パターンについて報告します。これは生産者と食品製造業者の双方にとって、流通経路の開拓に活用できるものです。
 また、実際に契約取引を行っている生産者と食品製造業者を招き、パネルディスカッションを行います。実務家によるディスカッションにより、さらに深く契約取引について理解・検討する機会を提供いたします

プログラム

時間 内容・報告者
13:30〜13:45 はじめに
講座の趣旨と目的
  • 農産物流通における取引方法の変化について概説します
流通経済研究所 農業・地域振興研究開発室長 折笠俊輔
13:45〜14:45 調査報告@
農産物直接取引の事例研究
  • 現地調査を元に直接取引の類型化、優良事例取り組みについて報告します
  • 優良事例における共通項や今後の発展性、汎用性などについて報告します
流通経済研究所 農業・地域振興研究開発室 研究員 吉間めぐみ
15:00〜16:00 調査報告A
農産物直接取引の成功パターンの研究
  • アンケート調査を元に、農産物直接取引の現状を整理します
  • 農産物直接取引の成功パターンと失敗パターンについて定量的に調査し報告します
流通経済研究所 農業・地域振興研究開発室 研究員 石橋敬介
16:10〜17:00 パネルディスカッション
農産物流通の潮流と課題


  • 直接取引に至った背景、直接契約を実施する上でのメリット・デメリット等について議論します
  • 食品製造業者と生産者で互いに感じている課題や継続性等について議論します
司会:流通経済研究所 農業・地域振興研究開発室 研究員 吉間めぐみ
パネラー:優良事例の取り組みを実施している食品製造業者と生産者2組程度
(予定)
17:00〜17:30 名刺交換
  • 17:30まで会場は開いておりますので、参加者間での名刺交換の時間としてご利用ください

※都合により、プログラムに変更が生じる場合があります

お申し込み方法

下記のボタンから申込フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
お申込受付後、メールにて受講票をご送付いたします。

お申し込み

お問い合わせ

公益財団法人流通経済研究所 農業・地域振興研究開発室
担当:大高坂、吉間、石橋
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4534 FAX:03-5276-5457

お問い合わせ