大手チェーンへの営業・提案のベースとなる
直近の企業業績と戦略動向
2017年度小売業態動向資料
CD-ROM販売のご案内

6/27、28開催「小売業態動向講座」での報告用に弊研究所研究員がまとめたデータを、CD−ROMで販売致します。
注目企業の最新の状況・動向に関する理解を深めるため、また来期流通政策立案のための基礎資料として、社内業務にぜひお役立てください。

2016年度決算データ、注目企業の直近5期業績と最新経営戦略を収録

GMS、SM、CVS、DRG、HC、DSの6業態主要チェーン(合計80社)について
  • 2016年度決算の損益データ(営業収益・営業利益・経常利益・当期利益、前期比伸び率、利益率)と店舗数、売場面積、既存店の売上高・客数・客単価前年比など
  • 2017年度決算予想

をエクセルファイルに収録

主要5業態(GMS、SM、CVS、DRG、DS)注目企業22社について
  • 直近5期決算数値の推移(損益、店舗数、売場面積、従業員数、成長性・収益性・生産性指標、部門別売上高) をエクセルファイルに収録
    さらに
  • 直近5期決算数値の解説
  • 注目すべき展開(経営戦略、出店、商品、販売戦略など)についての解説

をPDFファイルに収録

本CDに収録した6業態別主要チェーン数と大手チェーン名
  主要チェーン80社
直近損益データ等
大手チェーン30社*
直近損益データ、5年間業績データ、注目すべき動向情報
総合スーパー 9社 イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニー、イズミ、平和堂
(5社)
食品スーパー 30社 USMH(2年分)・マルエツ、ライフ、アークス、ヨークベニマル、ヤオコー、バロー
(6社)
コンビニエンスストア 6社 SEJ、ファミリーマート、ローソン
(3社)
ドラッグストア 14社
(2〜6月期決算企業)
ウエルシアHD、ツルハHD、マツモトキヨシHD、サンドラッグ、コスモス薬品、スギHD*
(6社)
ディスカウントストア 6社 ドン・キホーテHD、トライアルカンパニー、オーケー、大黒天物産*
(4社)
ホームセンター* 15社
(2・3・6月期決算企業)
DCMHD、コメリ、コーナン商事、ナフコ、ジョイフル本田、ケーヨー
(6社)

*印のついた企業(スギHD・大黒天物産)とホームセンターは、エクセルデータのみのご提供となります。

PDFでご提供する報告資料のなかのグラフのサンプル
エクセルでご提供する各業態主要チェーン、大手チェーンの数表のイメージ

ご購入方法

価格 本体価格50,000円(税別)

2017年度小売業態動向講座にご参加いただいた企業の方は、特別割引価格35,000円(税別)となります。

お申込み方法 以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入ください。

ご購入はこちら

お問い合わせ先

公益財団法人 流通経済研究所
TEL:03(5213)4533  担当:後藤・東