ドラッグストア戦略セミナー2016
【アンコールセミナー】主要ドラッグストアチェーンの戦略を考えるセミナー

セミナーは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

《第1部 東京・京浜エリア》
・マツモトキヨシ
・ウエルシア薬局
・ココカラファイン
・クリエイトエス・ディー
・CFS(ハックドラッグ)
《第2部 大阪・阪神エリア》
・マツモトキヨシ
・スギ薬局
・ダイコクドラッグ
・コクミンドラッグ
 

※当セミナーは、2016年4月および6月に開催したセミナーと同じ内容です。
※第1部、第2部いずれかのみの参加も可能です。

開催日時 2016年10月18日(火)
10:00〜12:30 第1部 東京・京浜エリア
13:30〜16:00 第2部 大阪・阪神エリア
会場 (公財)流通経済研究所 大会議室

JR、東京メトロ有楽町線、都営新宿線「市ヶ谷」駅
(地下鉄A2出口)徒歩2分
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F
受講料
(1名につき)
第1部・第2部両方に参加 税別80,000円(税込86,400円)
第1部または第2部いずれかに参加 税別40,000円(税込43,200円)
参加対象者 メーカーおよび卸売業のドラッグストア担当者、営業開発、営業推進担当者 小売業(ドラッグストア以外)のヘルスケア関連担当者
※上記以外の方は、ご参加いただけない場合があります。事前に弊所までお問い合せください。

「ドラッグストア戦略セミナー」の概要

 本セミナーは、ドラッグストアチェーンに求められるMD戦略を、@企業動向分析、 A利用者調査(ネット調査)、B店頭実態調査に基づいて整理します。
今回は本年4月と6月に報告した東京・京浜エリアと大阪・阪神エリアの再報告を行います。都市部のドラッグストアの品揃え、サービスに求められる点を探ります。

「ドラッグストア戦略セミナー」調査・分析項目
@企業動向分析 ドラッグストア業界動向、主要チェーン業績動向 等
A利用者調査(ネット調査) チェーン利用者の実態、意識、ニーズ等
B店頭実態調査 競合(エリア・商圏)との関係、売場の状況等
【第1部】東京・京浜エリアの主要チェーン分析 プログラム
分析対象チェーン
  • マツモトキヨシ
  • ウエルシア薬局
  • ココカラファイン
  • クリエイトエス・ディー
  • CFS(ハックドラッグ)
時間 テーマ/内容
10:00〜10:30 「チャネル戦略としてのドラッグストアの考え方」
  • チャネルとしてのドラッグストア業態の考え方、
    地域により異なる商圏状況
  • エリアとチェーンから戦略を考える意味
(休憩10分)
10:40〜12:30 「首都圏都心部ドラッグストアの展開と消費者評価」
−マツモトキヨシ、ココカラファイン、ウエルシア、クリエイトSD、CFSの戦略研究−
  • チェーン利用実態
  • チェーン・店舗評価(全体およびMD要素別)
  • 商業地と住宅地の立地による評価の違い
  • (まとめ)首都圏都心部ドラッグストアに求められる
    店頭戦略、顧客対応

※スケジュールは変更する場合があります。

【第2部】大阪・阪神エリアの主要チェーン分析 プログラム
分析対象チェーン
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • ダイコクドラッグ
  • コクミンドラッグ
時間 テーマ/内容
13:30〜14:00 「ドラッグストア業界動向および注目チェーンの戦略」
  • 阪神圏の商圏状況
  • 都市部ドラッグストアで注目される取組 など
(休憩10分)
14:10〜16:00 「阪神エリア ドラッグストアの展開と消費者評価」
  • チェーン利用実態
  • チェーン・店舗評価(全体およびMD要素別)
  • (独自調査)店頭における健康食品の探索状況
  • (まとめ)阪神圏のドラッグストアに求められる店頭戦略、ヘルスケアサービス、顧客対応

※スケジュールは変更する場合があります。

報告

公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 加藤弘之
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 重冨貴子

お問い合わせ

公益財団法人流通経済研究所
担当:中田、重冨、加藤(弘之)
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4532 FAX:03-5276-5457