デジタルマーケティングでチャネルリーダーシップを強化する
デジタルメディアとデータを活用したマーケティング・営業の革新セミナー

ICTや流通に関するテクノロジーの新しい潮流を視野に入れつつ、デジタルマーケティングによるチャネルリーダーシップ強化策を検討します

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

セミナーのねらい

本セミナーでは、メーカーのチャネルリーダーシップ強化策としてデジタルマーケティングに着目。ICTや流通に関するテクノロジーの新しい潮流を視野に入れつつ、デジタルマーケティングによる消費財メーカー・卸売業のチャネルリーダーシップ強化策を検討いたします。また、取組が注目されるライオン(株)・キリン(株)から複数の講師を招いて事例を紹介いただき、実務への示唆を抽出します。

とくに、マイナンバー制度の開始で、データ利活用はさらなる拡大が期待されています。消費財メーカー・卸売業における今後の本格的なデジタルマーケティングの普及拡大を見据え、各社での本格的なご検討につなげていただくべく、関係される皆様の参加をお待ちしております。

主なテーマ

  • ICTを活用して、消費者と強力に結びつき、それを店舗での売上向上につなげる
  • データやテクノロジーを活用して、リアルタイム対応可能な、小売業の「売れる売り場づくり」をサポートする
  • 消費者の属性と商品のコンセプトにあったきめ細かい施策を展開し、ブランドを育成する
  • 自社ECサイトを、新たな販路として一本立ちさせる
参加対象 ・消費財メーカー・卸売業において、デジタルマーケティングに関わる方
 マーケティング、営業企画・営業、経営企画、広報・宣伝部門の責任者・ご担当者など
・デジタルマーケティングに関わるソリューションプロバイダーの方
開催日 2015年11月10日(火) 10:00〜17:30
会場 ホテルメトロポリタンエドモント 3階「春琴」(しゅんきん)
東京都千代田区飯田橋3-10-8
電話:03-3237-1111
最寄駅:JR飯田橋駅東口より徒歩約5分、
東京メトロ東西線 飯田橋駅A5出口より徒歩約2分
受講料 1名様につき、50,000円(税込54,000円)

プログラム

時間 内容
10:00〜10:50 『デジタルマーケティングによるチャネルリーダーシップ強化の展開』

 主に次のような視点から、今後のデジタルマーケティングによるチャネルリーダーシップ強化に向けた戦略的な示唆を抽出し、今後の取組課題を整理します。

主なテーマ

  • 主要消費財メーカーの経営トップのデジタルマーケティングの考え方、体制構築の状況
  • シングルソースデータ活用・ユーザー把握の現状、各社推進体制、課題
  • 分析・活用が進む企業は、ユーザーはどのように捉えようとしているか
  • キャンペーンインフラの整備、自社メディアを活用した小売業とのタイアップキャンペーンの実現状況、推進体制、課題
  • 自社ECサイトの展開状況、課題
  • ECでのブランド育成の展開状況、課題
  • 流通業へのリアルタイム対応可能な売場提案の実現状況と展望
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 石川友博
11:00〜12:00 『先行企業の事例分析と、デジタルマーケティング実務への示唆』

 先行企業のヒアリング・事例研究などから、デジタルマーケティングを効果的に進めるための方法論やプロセスなど実務上の示唆を抽出します。

  • 中長期的なブランディングや消費者との関係強化、短期的な販促支援
  • SNSやコミュニティサイトの運営と成果指標の考え方
  • デジタルマーケティングの小売提案への活用
  • 社内関連部署との連携のポイント
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 鈴木雄高
  休憩  ※昼食は各自でおとりください
13:00〜13:50 『ライオンのデジタルマーケティング戦略と店頭・営業連携』
  • オウンドメディア(Lidea)、DMP構築を軸とする消費者コミュニケーション強化・革新
  • データの見える化と、マーケティング・営業施策のPDCA精度向上
  • デジタルMK施策を活用した店頭・営業活動連携の展望・可能性
ライオン株式会社 宣伝部 デジタルコミュニケーション推進室長 保坂政美氏
14:00〜14:50 『ライオンの消費者直販・ダイレクトマーケティング』
  • ECの戦略的位置づけ推進体制、フルフィルメントの構築
  • 購買・行動データ活用、消費者コミュニケーション
  • メーカーECの継続成長に向けて
ライオン株式会社 特販事業本部 通販事業部長 乗竹史智 氏
15:00〜15:50 『キリンのデジタルマーケティングによるブランディング・消費者との関係強化』(仮)
  • SNSを使いお客様の気持ち・体温を盛り上げる−推奨・購買はいかに目指すか/KPIは?
  • オンラインのコミュニケーションやデータを活用した緻密な商品育成−共創事例など
  • キリンオフホワイトの商品育成型マーケティングの展開
  • 直接的な売りにも使えるキャンペーンプラットフォーム構築・活用−流通とのコラボ例など
キリン株式会社 デジタルマーケティング部 小川直樹氏
16:00〜17:30 『キリンのマーケティング・営業におけるテクノロジー・データ活用の未来像』(仮)
  • キリンのデジタルマーケティングの長期的展望と戦略
  • テクノロジー・データの活用によるマーケティング・営業施策革新−小売業提案への活用
  • デジタルMK・プロモーションと営業との連動の今後の可能性
キリン株式会社 デジタルマーケティング部 主査 上代晃久氏
『テクノロジートレンドと売場の変化の可能性』
  • 流通や、メーカーのマーケティング・流通戦略におけるテクノロジー・データ活用の可能性、海外事例 など
日本マイクロソフト株式会社 インダストリーパートナー営業統括本部
流通・CPG 担当部長 藤井創一氏

※プログラム内容や講演者の役職・氏名は、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※昼食は各自でおとりください。

お問い合わせ先

公益財団法人流通経済研究所
担当:中田、石川、鈴木
TEL:03-5213-4533 FAX:03-5276-5457