店頭の買物価値を高め、ブランドの活性化も実現する新しい提案方法
「新用途提案」による店頭・ブランド活性化戦略セミナー
開催日 2015年7月8日(水)13:00〜17:00
会場 アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4-2-25
最寄駅:JR中央線、東京メトロ有楽町線・南北線他「市ヶ谷」駅 徒歩約2分
受講料 1名様につき 税別30,000円 (税込32,400円)

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

セミナーのねらい

現在、既存ブランドの「新しい使い方・食べ方を提案すること」(新用途提案)で、ブランド活性化を実現する事例が注目を集めています。本セミナーでは、チェーン小売業と有力メーカー数社との共同実験の中で得られた消費者の購買行動に関する知見と、実務家による事例報告から、この「新用途提案」を小売業の協力を得ながら効果的に進め、リアル店舗とブランドを活性化する手法を学びます。

参加をおすすめしたい方

消費財メーカー、卸売業で小売業へのプロモーション企画提案に関わる方

既存ブランドの新しい使い方・食べ方を店頭で訴求した場合の効果をショッパーの行動面と心理面から定量的に把握することができ、小売業への提案のヒントを得ることができます

消費財メーカーのマーケティング、ブランド開発に関わる方

小売業が店頭でショッパーの顧客経験を向上させるためにどのような取り組みを行っているか事例を把握し、店頭展開を考慮した計画策定のヒントにすることができます

広告代理店、SP企業でメーカー・卸売業・小売業への企画提案に関わる方

ブランド・マネジメントの現場における既存ブランドの新用途開発事例を把握し、店頭プロモーション企画提案のヒントとすることができます

セミナーの概要

消費者の節約意識の高まりと小売業の特売依存

原材料高騰などにより商品の値上げが必要な場面が増える一方で、消費者の節約意識の高まりもあり、小売業では特売に依存した販促が依然として行われています(グラフ1参照) 。しかしながら、消費者は単に価格が安ければ商品を買ってくれるわけではありません。賢い消費者は、価格が安くても価値を見いださないと購入してくれず、メーカーの頭を悩ませています。また、小売業にとっても安さだけの訴求には限界を感じており、価値の提供を通じ、ストアロイヤルティを高める必要があることが認識されています。

新商品の短命化と生産性低下

一方で、メーカーから年間多くの新商品が発売されていますが、短命に終わりロングセラー化できておらず(グラフ2参照)、メーカーの生産性低下を招いています。価格に依存した販促だけでは、消費者からの支持も得られにくく、価格引き上げが難しいと考えられます。「なぜこの商品を買う必要があるか」、店頭でブランドの価値をショッパーに伝え、価格以外の購買理由に結び付けることが、価格に頼らない販促への近道です。

既存ブランドの「新用途提案」

このような状況の中で、いくつかのメーカーは、すでに発売した既存ブランドの新しい使い方・食べ方を開発し、マス広告や店頭で訴求しています。本セミナーでは、このような戦略を「新用途開発戦略」として定義し、新用途提案による店頭プロモーションで、リアル店舗を活性化する手法とその効果についてご報告します。

セミナーの構成

理論・研究
視点
流通経済研究所・研究員より、新用途開発戦略の概要と店頭での訴求効果をご報告します
メーカー視点 食品メーカーの実務家より、ブランドマネジメントの現場における取り組み事例をご報告いただきます
小売業
視点
食品スーパーの実務家より、消費者が買物シーンに求めていることと、店頭での取り組み事例についてご報告いただきます

プログラム

時間 プログラム
13:00〜13:05 はじめに
13:05〜14:15 【理論・研究視点】
既存のブランドに新しい価値を
−「新商品開発戦略」から「新用途開発戦略」へ−
  • 今、重視される顧客経験−ブランドの顧客経験と買物価値−
    ブランドの課題「どうすれば顧客経験を高められるか」
  • 「新用途開発戦略」の進め方
    店頭でのブランドの新用途提案が成功のカギを握る
  • 店頭におけるブランド新用途の提案事例と効果検証
    定量的測定結果報告「その時、顧客は売場でどのような経験をしたか」
公益財団法人 流通経済研究所 研究員 三坂 昇司
14:15〜14:25 休憩
14:25〜15:35 【メーカー視点】
ハウス食品のルウカレーブランド活性化に向けた取り組み
  • ハウス食品「バーモントカレー」のロングセラー化の秘密
    ブランド成熟期に向けたハウス食品の取り組み
  • ハウス食品が考えるブランド戦略における新用途の役割
    なぜ「ジュージューつけつけカレー」が生まれたか
  • ブランドにおける新用途の店頭プロモーションへの応用
    店頭での新用途提案がブランドにもたらしたものとは
ハウス食品株式会社 事業戦略本部
食品事業一部 ビジネスユニットマネージャー 石川 哲也 氏
15:35〜15:45 休憩
15:45〜16:55 【小売業視点】
『いいね!』がいっぱい、
 カスミにおける顧客経験向上の取り組み
  • カスミにおけるマーケティングへの取り組み
    小売業の「マーケティング活動」とはどのようなものか?
  • カスミにおける購買履歴データの活用方法
    カスミMD研究会の事例「既存ブランドのチャンス発見」
  • カスミにおける顧客経験創造に向けた取り組みと新用途提案
    メーカーとのコラボレーションによる商品価値を訴求する売場作り
株式会社カスミ 常務取締役 上席執行役員 山本 慎一郎 氏
16:55〜17:00 セミナーのまとめと今後の取り組みについて

※プログラムや講演者の役職・氏名は、都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください

お問い合わせ先

公益財団法人流通経済研究所
担当:東、三坂
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21
TEL:03-5213-4532  FAX:03-5276-5457