急拡大する中国EC市場と日系企業の商機
〜アリババ集団と中国流通研究第一人者の来日セミナー〜

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

開催日 2015年6月19日(金) 13:00〜18:00
会場 メルパルク東京
東京都港区芝公園2-5-20
受講料 1名様につき、税別30,000円(税込32,400円)

※都合により、ご講演者が変更になりました。

セミナーのねらい

中国で急速に拡大するEC市場をテーマに、実務家や専門家の報告・交流を通じ、日系商品の市場機会を探ります。

セミナーの特長

  • アリババによる特別講演を通じて、同社のビジネスモデルや特徴、今後の飛躍的な成長可能性を理解していただくことができます。
  • 中国における流通研究の第一人者を講師に招き、特に近年中国の主要チェーン企業で進んでいる「O2O」「オムニチャネル」の取組に着目しながら、中国小売業の戦略やEC市場の動向をとりまとめ、報告します。
  • 講演+質疑応答を通じて、中国EC市場の拡大が、どのように自社の事業拡大機会となりうるのか、理解していただくことができます。

参加をお勧めしたい方

中国のオムニチャネル・越境ECに関して、

  • 事例と最新の動きを理解したい方
  • 消費財(日用品や食品等)の販路を拡大し、成功するための ポイントを理解したい方
  • 日系企業・日系商品の事例を、自社の「越境EC」参入是非の判断などに生かしたい方

本セミナーのねらい

アリババ・流通研究者来日!講演・交流を通じて商機を探る

 本セミナーでは、中国インターネット通販市場において金額シェア約80%を誇るアリババ集団の副総裁にご講演いただきます。また、北京・首都経済貿易大学教授 陳立平氏には、チェーン企業による「社区型業態・商業集積」(地域社会の住民を対象とした商業集積)の開発と、そこを拠点としたオムニチャネル戦略の展開等についてご講演いただきます。

中国で急拡大するEC市場を理解する

 近年中国では、消費行動の多様化や高齢化、インターネット利用者数の増加などにより、EC市場が急拡大しています。これに伴い、「越境EC」「オムニチャネル」という新しい動きが起きています。EC市場の重要性は今後も高まると考えられ、日系消費財メーカーや卸売業にとっても、新たな商機になりうると考えられます。

◎越境ECとは?
インターネットを介した、国境を越えた商品の売買のこと。中国の消費者が日本事業者のECサイトから購入した金額が2013年推計値で3,902億円となっており、2020年には最大8,766億円に上る。(経産省調査。下図参照)

◎オムニチャネルとは?
チャネルや時間の違いを問わずに商品を購入できる環境のこと。中国ではO2O(オンラインとオフラインの連携)の動きが加速しており、O2Oを推進する小売業への関心が高まっている。

中国EC最大手 アリババ集団について

 アリババ集団(阿里巴巴集団)は 、1999年に創業した情報・通信関連企業です。ここ3年間で流通総額は2倍以上に伸び、2014年には米NY証券取引所にて世界最大規模の上場を果たしました。昨年11月11日(中国の「独身の日」)に展開した大規模なセールでは、同日1日のみで1兆円を超える売上を記録し、日本でも大きな話題となりました。世界的なネット市場の拡大とともに、今後のさらなる成長が注目されています。

本部所在地 中国・浙江省杭州市
代表者 ジャック・マー(馬雲)氏
従業員数 約27,000名(2014年6月末現在)
展開中のサービス BtoCサイト「天猫(T-mall)」
CtoCサイト「淘宝網(Taobao)」
決済サービス「支宝付(Alipay)」など
参入中の日本企業 (株)アイスタイル、(株)爽快ドラッグ、 (株)キリン堂 など
※いずれも天猫(T-mall)内の越境ECサイト「天猫国際(T-mall global)」での参入

プログラム

時間 プログラム
13:00〜13:10 セミナーのねらい
(公財)流通経済研究所理事 / 専修大学商学部教授 渡辺 達朗
13:10〜13:40 中国におけるECの拡大と日系企業の市場機会
  • 中国におけるEC市場の現状
  • 越境ECと自由貿易区政策に関する動向
  • 中国越境ECにおける、日系商品の販売拡大へのポイント
     とりあげる商品カテゴリー:加工食品、日用品、医薬品等(予定)
(公財)流通経済研究所 主任研究員 神谷 渉
13:40〜13:55 休憩
13:55〜15:15 地域密着型小売業態を拠点とする中国チェーンストアの
オムニチャネル戦略の展開
  • 中国における消費者・流通の構造変化
  • 京客隆、全時便利など、中国チェーン企業による「社区型業態(※)」
    開発の状況 (※)地域社会の住民を対象とした商業集積
  • 社区型業態を拠点としたオムニチャネル戦略の展開、
    新しい注文・決済技術の活用など
北京・首都経済貿易大学教授 陳 立平 氏(逐語通訳あり)
陳 立平 氏について
中国の流通研究における第一人者です。大手企業との親交も深く、社外取締役も歴任しています。また、日本への留学経験があり、日本流通についても精通しています。
15:15〜15:30 休憩
15:30〜17:20 アリババの今後の経営戦略−急成長する中国EC市場の展望
BtoB(Alibaba.com)、BtoC(T-mall)、CtoC(Taobao)の各プラットフォームを展開する、中国EC市場最大手、アリババ集団の副総裁 高紅冰氏にご講演いただきます。
  • アリババのEC市場における取組状況と成果
  • アリババのビジネスモデルの特徴
  • 拡大するEC市場における、アリババの今後の経営戦略
アリババ研究院研究総監 謝 周佩 氏(逐語通訳あり)
※本セミナーでご講演予定だった、アリババ集団副総裁/アリババ合研研究院院長 高紅冰氏の来日が困難となり、アリババ研究院の講演者が変更となります。
なお、講演内容に変更はございません。
17:20〜17:30 セミナーのまとめ
(公財)流通経済研究所理事 / 専修大学商学部教授 渡辺 達朗
17:30〜18:00 終了後は、講演者との名刺交換・交流を行っていただくことができます

※プログラムや講演者の役職・氏名は、都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください

お問い合わせ先

公益財団法人流通経済研究所
担当:伊藤、地田(ちだ)
TEL:03-5213-4534 FAX:03-5276-5457