デジタルマーケティングセミナー2013
−取り組み進む欧米小売業とメーカーのデジタル対応−

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

開催日時 2013年12月5日(木) 13:15〜17:00
場所 ホテルフロラシオン 青山
〒150-0002 東京都港区南青山4-17-58
電話03-3403-1541(代表)
最寄駅:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 「表参道」駅 徒歩約6分
http://www.floracion-aoyama.com/access/
参加費用 お一人様 31,500円(税込)(税抜価格30,000円)
※お申込み受付後、請求書を発行致します。
セミナーの概要

<デジタルマーケティングとは>
PCやスマートフォン、タブレット、デジタルサイネージ等のデジタルデバイスを通じたマーケティング活動のこと

<本セミナーで取り上げるデジタルマーケティングの取組>
・ 欧米大手小売業(ウォルマート・テスコ)におけるネット販売の動向
・ 欧米小売業のデジタルマーケティング施策
・ サードパーティ(IT企業)による消費者に向けたデジタルの取組
・ 欧米メーカーのデジタルマーケティング施策、小売業との取組

本講座のテキスト例

テジタルマーケティングの進展は、
日本の流通にどのような変化をもたらすか?

セミナーのねらい

 欧米では、日本よりもスマートフォンやタブレット端末の普及が進んでおり、欧米小売業やメーカーは、このようなデジタルデバイスへの対応を積極的に行っています。その結果、決済や販促、マーケティングなどにも影響を及ぼしており、流通に与えるインパクトは大きくなってきています。一方、日本でも小売業を中心としていわゆる「デジタルマーケティング※」に対する取組への注目が高まっています。

 そこで、欧米の小売業とメーカーのデジタルマーケティングの動向をレビューしながら、今後日本においても注目すべきデジタルに関するトレンド、流通に対する影響について考察することを目的として本セミナーを企画しました。

 報告者の研究員が、欧米で今秋開催されるネットショッピング、ダイレクトマーケティング、ショッパーマーケティングの大会に参加して情報収集を行い、最新の状況を取りまとめてご報告します。

※デジタルマーケティングの定義に統一したものはありませんが、本セミナーでは「PCやスマートフォン、タブレット、デジタルサイネージ等のデジタルデバイスを通じたマーケティング活動」としています。 このマーケティングの手段としてSNS、E-mail、WEB、スマートフォンアプリ等が存在すると捉えられます。

セミナーの概要

主な研究テーマ
欧米大手小売業(ウォルマート・テスコ)におけるネット販売の動向

 アマゾンなどのネット専業者に対抗して、ウォルマートやテスコなどの既存大手小売業はどのようにネット販売事業の強化を行おうとしているのか?

欧米小売業の消費者に向けたデジタル施策

 顧客囲い込みのため、欧米小売業はどのようなデジタル施策を強化しようとしているのか?
コミュニケーション、販促、店頭への送客、データ活用など。

サードパーティによる消費者に向けたデジタルの取組

 買い物支援や店頭への送客など、小売業やメーカーに影響を与えそうなサードパーティ(ITベンチャー等)の取組はどのようなものか?

欧米メーカーのデジタル施策、データ活用、小売業との取組

 直販や顧客との直接のコミュニケーション強化の一方で、小売業とデジタルの領域でどのような協業の可能性があるのか?

弊所研究員の取材対象セミナー
Path to Purchase Institute “Shopper Marketing Expo 2013”

 ショッパーマーケティングEXPOは、全米最大級のショッパーマーケティングのイベントであり、 セミナーと展示会から構成されます。本年の基調講演はコカ・コーラとファミリーダラーが登壇します。

Direct Marketing Association “DMA2013”

 DMA2013は、米国ダイレクトマーケティング協会の大会であり、ダイレクトメール、データ活用、通信販売などに関する、セミナーと展示会から構成されます。

IGD “Online Grocery Retailing 2013”

 テスコやアズダ(ウォルマート)等英国の大手小売業やハイネケン等の大手メーカーが登壇し、ネットスーパーや各種デジタルマーケティングの取組について報告します。

プログラム

時間 テーマ
13:15-14:20 「欧米小売業のネット販売の動向」

 ウォルマート、テスコなどの主要欧米小売業におけるネット販売への対応状況、業績等の状況について取りまとめます。また、ネット販売で注目すべき取組についても取り上げます。

  • 大手小売業のネット販売比率、成長性
  • ネット販売の特徴(配送料、配送方法、決済方法等)
  • 注目すべき取組(顧客に配達を依頼するウォルマートの実験等)
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 神谷 渉
14:20-14:35
休憩
14:35-15:45 「欧米小売業・サードパーティーの消費者に向けたデジタルの取組」

 注目小売業のソーシャルメディアへの対応やデジタルによる販促、集客策などについて報告します。また、ユニークな販促、集客策については小売業単独ではなく、サードパーティーの企業が実施するケースも多いため、このような事例についてもフォローします。

  • 消費者とのコミュニケーションのデジタル化(Targetの事例)
  • 店頭や販促施策のデジタル化(デジタルチェックアウト、デジタルクーポン等)
  • 日本において参考となる考え方・施策と適用の方向性
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 矢野 尚幸
15:45-16:00
休憩
16:00-17:00 「欧米メーカーの消費者に向けたデジタルの取組」

 デジタル化による顧客囲い込みの動向と小売業とどのようにテジタル領域で協働していくのかについて、欧米メーカーの対応を取りまとめます。

  • 米国メーカーによる直販サイトの動向
  • デジタル化による消費者とのコミュニケーション、囲い込み
  • デジタル分野での小売業とのコラボレーション(ユニリーバ、P&Gの事例)
  • 日本において参考となる考え方・施策と適用の方向性
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 神谷 渉

※プログラムには都合により変更が生ずる可能性があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ

公益財団法人流通経済研究所
担当者: 東(あづま)、神谷
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4534 FAX:03-5276-5457