欧米流通トレンドセミナー
−欧米小売業・メーカーが市場、消費者、環境の
    変化にどのように対応しているかを理解し、日本での活用方法を考察する−
開催日 2013年6月26日(水) 13:15〜17:00
会場 フロラシオン青山
東京都港区南青山4-17-58

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

本セミナー報告資料を販売しております
価格:本体価格 20,000円+消費税

ご購入方法

価格 本体価格 20,000円+消費税

お申込み方法
以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入ください。
ご購入はこちら

 

欧米小売業・メーカーが市場、消費者、環境の変化にどのように対応しているかを紹介し、その上で日本での活用方法を考察するセミナーを企画しました

具体的には、欧米小売業・メーカーは以下のような変化に対応するための
流通マーケティングを実施しています

 ・ クイックトリップへの対応
 ・ オンラインへの対応
 ・ 異文化ショッパーへの対応
 ・ 低所得者層への対応
 ・ PBの強化による様々な顧客ニーズへの対応
 ・ FSPの取組強化による顧客囲い込み
 ・ サステナビリティへの対応
 ・ グローバル化への対応

特に参加をおすすめしたい方

 ・ 日本の小売業・メーカー・卸売業の方で、マーケティング、
     営業企画、経営企画業務に携わっている方
 ・ 欧米流通視察を予定しており、欧米流通の動向を体系的に理解したい方

セミナーの概要

 欧州、米国の流通市場は、寡占度やPB比率などは日本とは異なる状況にありますが、直面している市場、消費者、環境の変化には大きな違いはありません。たとえば、アメリカの消費者は、長期的な不況によりバリュー志向が浸透しており、数年前に比べて「特売をよく探す」「節約生活を受け入れる」「PBを買うことに抵抗はない」と回答する割合が高まっています。
 このような状況の中、イギリス国内ではテスコを中心に、アメリカ国内はウォルマートを中心に市場、消費者、環境の変化に対応する様々な戦略がとられています。また、日本の小売業においても、欧米の流通市場の戦略を参考にしており、日本のメーカー・卸売業の方々も、欧米市場の動向をとらえておく必要があります。
 そこで、欧米の小売業・メーカーが主導する流通マーケティングの取組を紹介するとともに、今後の日本での活用方法を考察するセミナーを企画しました。

 欧米小売業の基本的な動向から、欧米小売業・メーカーによる各種変化に対する対応戦略や日本での活用方法の考察まで提供する構成となっております

欧米小売業の基本的な動向
  • 主要小売業のアニュアルレポート等を用いて、欧米小売業の基本的な動向を報告します
欧米小売業が主導する流通マーケティングの取組
  • 欧米小売業が市場、消費者、環境の変化に対応するための各種取組を紹介します
欧米メーカーが主導する流通マーケティングの取組
  • 欧米メーカーが市場、消費者、環境の変化に対応するための各種取組を紹介します
日本での活用方法の考察
  • 欧米小売業・メーカーの各種取組を、日本でどのように活用すればよいのかを考察します

プログラム

時間 プログラム
13:15-13:50 (1)欧米小売業の基本的な動向
・欧米諸国の上位集中度・PB比率
・欧米諸国の主な小売業の動向(テスコ、ウォルマート、カルフール)
・欧米ショッパーから支持を得ている小売業の動向(アルディ、ウェグマンズ)
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員
矢野尚幸
13:50-14:00 休憩
14:00-14:50 (2)欧米小売業が主導する流通マーケティングの取組@
・クイックトリップへの対応
 消費者を取り巻く状況の変化、上位小売業のクイックトリップへの対応、
 レディミール需要への対応
・オンラインへの対応
 ウォルマートのデジタル活用事例、ネットスーパーの利便性向上、
 バーチャルストアの設置
・異文化ショッパーへの対応
 アメリカ人種構成の変化、多人種に対応した売場事例
・日本での活用方法の考察
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員
神谷渉
14:50-15:00 休憩
15:00-16:00 (3)欧米小売業が主導する流通マーケティングの取組A
・低所得者層への対応
 貧困率の状況、フードデザート(食の砂漠)の現状、低所得者層向け小売業の台頭、
 上位小売業の対応
・PBの強化による様々な顧客ニーズへの対応
 PB比率の動向、様々なニーズに対応するPBの動向(プレミアム、低価格)
・FSPの取組強化による顧客囲い込み
 ダンハンビーの取組、テスコ・クローガーの取組
・サステナビリティへの対応
 サステナビリティの概念、オーガニック志向への対応、エコ店舗の開発動向
・グローバル化への対応
 テスコ、ウォルマートのグローバル戦略
・日本での活用方法の考察
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員
矢野 尚幸
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 (4)欧米メーカーが主導する流通マーケティングの取組
・クラフトのショッパーマーケティング
・ハインツの低所得者向け商品開発
・小売業別インストア・プロモーション事例
・日本での活用方法の考察
公益財団法人流通経済研究所 主任研究員
神谷 渉

※プログラムには若干の変更が生ずる可能性があります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ先

公益財団法人流通経済研究所
担者:伊藤、地田(ちだ)
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
TEL:03-5213-4534 FAX:03-5276-5457

お問い合わせ

パンフレット(PDF)ダウンロード