―メーカー・卸売業の新たな店頭営業活動のあり方を考える―
フィールド・マーケティングの新展開

 既存店舗・既存商品の売上が伸びない中、店頭において消費需要を喚起するフィールド・マーケティング活動がますます重要になっており、その効果的かつ効率的な展開が強く求められています。
 そこで本セミナーでは、フィールド・マーケティングの先行的な展開事例を紹介するとともに、メーカー・卸売業におけるこれからの店頭営業活動のあり方を提言してまいります。

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

開催日時 2013年4月10日(水) 13:00〜17:30
会場 アルカディア市ヶ谷
 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
 JR市ヶ谷駅、東京メトロ・都営地下鉄市ヶ谷駅A1出口ほか
対象者 ◇以下の方に、特に受講をおすすめします
○消費財メーカーの経営部門・営業部門の企画スタッフ、フィールド業務統括スタッフなど
○卸売業の経営部門・営業部門の企画スタッフ、リテールサポート業務統括スタッフ
○GMS/SM/DGS/CVS小売業の商品部・店舗運営部の企画スタッフ
○フィールド・マーケティング等のマーケティングサービス事業者
○その他フィールド・マーケティング、店頭活動に関心のある方
参加費 1名様 30,000円(税込31,500円)
本セミナーの概要
 国内市場の成熟化に伴い、消費財流通を取り巻く環境は厳しさを増しています。こうした中、店頭において消費需要を喚起する「フィールド・マーケティング」の役割がますます重要になっています。

 スーパー、DGS、CVS等のセルフサービス業態では、消費者は購入商品の6〜8割を店頭で決定しています(流通経済研究所調べ)。このため、消費者の購買理由・インサイトを的確に把握して、店頭の商品・コミュニケーション展開を効果的に行うことが求められています。

 一方、メーカー・卸売業の営業活動は、コスト対パフォーマンス、すなわち生産性の向上が課題です。今日「フィールド・マーケティング」活動は、効果的・効率的な展開が強く求められています。

 そこで、本セミナーでは、以下のような観点から、「フィールド・マーケティング」の先行的事例紹介を通じて、メーカー・卸売業の店頭営業活動のあり方を検討してまいります。
効果的な店頭活動/フィールド活動のあり方
  • 消費者情報、ショッパー・インサイトの把握・活用方法
  • POS/ID-POSデータ等の活用方法
  • スマートフォンをはじめとする、新しいITツールの利用方法など
フィールド・マーケティング専門事業者のノウハウ活用のあり方
  • 社内で持つ営業機能、社外に委託する営業機能の考え方
  • フィールド・マーケティングの業務マネジメントのあり方
  • 専門事業者の業界成長の方向性と課題
ブランド政策・チェーン政策・店頭政策の機能連携のあり方
  • 商品ブランド政策を店頭活動のどのように反映させるか
  • チェーン・キーアカウント政策と店頭活動をどのように連動させるか

プログラム

時間 テーマ
13:00−13:30 「フィールド・マーケティングの現状と展望」

消費財流通の変化と課題を踏まえ、フィールド・マーケティングの現状の位置づけと今後の方向性を展望します。
財団法人 流通経済研究所 専務理事 加藤 弘貴
13:30−14:20 「AJI-com.におけるフィールド・マーケティングの取組みと展開」

大手食品メーカー・味の素の100%子会社として、専門的マーケティングサービスを提供する味の素コミュニケーションズ社より、フィールド活動の考え方や新しい取組みについてご報告いただきます。
株式会社 味の素コミュニケーションズ
取締役常務執行役員 小原 応孝 氏
14:20−14:30 休憩
14:30−15:20 「ソフトブレーン・フィールドにおける取組みと展開」

独立系のフィールド会社として新たなサービスを積極的に開発・展開するソフトブレーン・フィールド社より、リテールサポート活動等の効果的取組みについてご報告いただきます。
ソフトブレーン・フィールド株式会社
代表取締役社長 木名瀬 博 氏
15:20−16:10 「フィールド・マーケティングの産業化に向けて」

大手和酒メーカー・宝酒造グループのトータルマネジメントビジネス社より、フィールド・マーケティング専門事業者の観点から、業界全体の発展に向けた課題について報告いただきます。
株式会社トータルマネジメントビジネス
代表取締役社長  岩田 昌久 氏
16:10−16:20 休憩
16:20−17:10 「花王におけるフィールド・マーケティングの取組みと展開」

従来からフィールド・マーケティング活動を強化し、ノウハウ蓄積を図ってきた花王カスタマーマーケティング社より、流通変化を踏まえた考え方と今後の展開についてご報告いただきます。
花王カスタマーマーケティング株式会社
流通開発部 企画グループ グループリーダー 高田 精千 氏
17:10−17:30 「セミナーのまとめ」

財団法人 流通経済研究所 専務理事 加藤 弘貴

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所
店頭研究開発室 担当:東(あづま)、地田(ちだ)
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4532 FAX:03-5276-5457