52週MD提案力を高めるためのメニュー研究
節約、内食志向の高まり、1人世帯、高齢世帯の増加などを
踏まえてどのようなメニュー提案をするべきか

満席のため受付は終了いたしました。

開催日時 2009年10月7日(水) 13時00分〜17時00分
会場 ホテルフロラシオン青山
東京都港区南青山4-17-58
(東京メトロ銀座線、半蔵門線「表参道駅」)
受講料 1名様:31,500円(参加費:30,000円、消費税:1,500円)
※お申込み受付後、請求書を発行致します。
本セミナーの特徴
  • 消費者の節約志向を踏まえ、夕食の食費をかけていないときのメニューの特徴についてご報告致します。
  • 主菜だけではなく、副菜に関するデータを分析し、食卓単価・メニュー単価を高めるための情報をご提供します。
  • 食卓単価の向上には、晩酌需要は無視することができません。本セミナーでは、お酒とともに出されるメニューについても分析を実施し、その結果をご報告致します。
  • 内食回帰という傾向を踏まえ、夕食の作り手の満足度、 手作り度といった態度に関する指標とメニューの関係を明らかにします。
  • 1人世帯、高齢世帯といった、今まであまり省みられなかった世帯の夕食メニューについて整理し、今後のマーケティングに対する重要な示唆を提供致します。
開催の背景と概要

食品スーパーにおける消費者の購買の意思決定は、大半が店頭で行われます。そのため、店頭においてメニュー提案をすることで購買意欲が喚起され、購買点数の向上が促せます。

ただし、メニュー提案を行う上で、社会や消費者ニーズの変化に注意し、それらを踏まえた提案が必要となります。

本セミナーでは、社会の変化に対応したメニュー提案を行うために必要な情報を整理し、実例を交え解説致します。同時に店頭における展開についても重要であると考え、生活協同組合コープこうべ 西村和宣様から解説を頂きます。また、メニューに関してパナソニックネットワークサービシズ株式会社が運営するサイト「教えて!あなたの晩ごはん」で収集される食卓メニューのデータを分析し、メニュー・データについての情報を整理し、ご報告する予定です。

講師プロフィール(敬称略)

西村 和宣:生活協同組合コープこうべ MD政策推進室 統括
上田 雅夫:財団法人流通経済研究所主任研究員
主な研究領域:マーケティング・リサーチ、行動計量

プログラム
時間 52週MD提案力を高めるメニュー研究
13:00〜14:00 「52週MDにおけるメニュー提案の重要性」
  • 消費者の購買行動と店頭マーケティングの重要性
  • 店頭マーケティングと52週MD
  • 52週MDにおけるメニュー提案の位置づけ
  • メニュー提案をする上での注意事項
     −小売業を取り巻く環境
     −消費者トレンド
財団法人流通経済研究所
主任研究員 上田 雅夫
14:00〜14:10 休憩
14:10〜15:10 「店頭におけるメニュー提案(クロスMD)とその効果」
  • 小売業における52週MDの位置づけ〜売れる商品を売れる週に売れる背景に合わせて策を練る
     −協働MDをお互いに効率よく推進する視点
     −来店頻度、客単価アップ視点(買いまわり防止)
  • メニュー提案の気づきと店頭での具体例
     −協働MD研究会からの実例より
  • 店頭での成果を高めるための留意点
生活協同組合コープこうべ MD政策推進室
統括 西村 和宣氏
15:10〜15:20 休憩
15:20〜17:00 「食卓情報の活用によるメニュー提案の方法とステップ」
  • 消費者の食卓に関する情報の特徴(情報源の特徴の整理)
     −官庁統計(家計調査等)の特徴
     −民間調査(自主調査)の特徴
     −インターネットによる情報の収集と留意点
  • 食卓メニュー・データの概要
  • 検索キーワードと消費者のニーズ
     −分析事例による検索キーワードの立ち上がりとピークの報告
  • 食卓メニュー・データの活用(分析事例によるご報告)
     −基礎的な指標(頻度・季節性)による整理
     −メニューに対する消費者の態度(メニューと作り手の満足感)
     −季節(旬)の確認
     −主要なメニューとサブ・メニューの組み合わせ
     −属性別のメニューの特徴
     −食費別のメニューの特徴
  • 52週MDへの活用と課題
  • 結果の確認のための留意点
    −POSデータによる検証の留意点
財団法人流通経済研究所
主任研究員 上田 雅夫

(講師の都合により講演順序が前後する場合がございます)

受講料

お一人様 31,500円(税込)

  • 受講料のお振込先につきましては、お申込み受付後、ご請求書と併せて郵送させていただきます。
  • 振込料は貴社でご負担下さい。また、振込受入票をもって領収書にかえさせて頂きます。
お問い合わせ

財団法人流通経済研究所
流通ビジネススクール推進室(担当:畠山、上田)
住所:〒141-0031東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル11階
電話:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455