アジア流通マーケティング研究シリーズ
イントロダクション・セミナー
〜日本企業進出の課題を再認識する〜
開催日 2008年7月2日(水)
時間 13時30分〜17時00分 17時15分〜懇親会
会場 虎ノ門パストラル
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1 Tel:03-3432-7261
(地下鉄日比谷線神谷町駅4b出口より徒歩2分)
受講料 講演のみ:26,250円(税込) 
講演+懇親会:31,500円(税込)
※お申込み受付後、請求書を発行致します。
定員 100名(定員となり次第 締め切りとさせていただきます。)

お申し込み受付は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

セミナー開催のねらい

近年、日本の流通産業においては、国内市場規模の拡大が見込めない中で、アジアへ発展の活路を見出そうとする動きが活発化しており、各企業の経営課題と密接に結びついています。経済産業省も、小売業のアジア進出を積極的に後押しするための研究会を発足させるなど、いまやアジア市場への進出は業種の違いや企業規模の大小を問わず、流通産業界全体の重要なテーマと考えることができます。

このような背景を踏まえ、財団法人流通経済研究所では、アジア流通経済に関するシリーズセミナーを開催いたします。第一回はシリーズ全体を概観する意味でイントロダクションと位置づけ、法政大学経営学部教授矢作敏行氏より、アジア市場概観と小売業の国際化プロセス、日系小売業の課題についてご講演いただきます。またゲストスピーカーとして花王株式会社コンシューマープロダクツ国際事業本部の木下真也氏から花王株式会社のアジア戦略についてご講演いただく予定です。

本セミナーおよびシリーズセミナーは主としてアジア地域へ進出を既に果たされている企業、または今後の進出をお考えになっている企業の経営企画部門、海外事業部門、営業企画部門の皆様にご参加を推奨いたします。セミナー終了後の懇親会にもご参加いただき情報交換にお役立てください。

プログラム

2008/7/2(水)
時間 テーマ・講師
13:30〜13:45 セミナー開催ご挨拶
財団法人流通経済研究所 主任研究員 小林 靖
13:45〜15:15 講演:「アジア小売市場の特徴と企業の国際化」
〜求められる国際的ビジネスマネジメント能力〜
  • アジア市場概観
  • 特徴ある小売業の戦略
  • 日系企業にとってのアジア市場
法政大学経営学部教授 矢作 敏行 氏
15:30〜17:00 講演:「花王の目指すアジア一体運営」
  • 今 なぜアジアなのか
  • 花王販売部門のアジア一体運営
  • グローバルとは何か? 日本発の重要性
花王株式会社
コンシューマープロダクツ国際事業本部
ビジネスディベロップメントグループ 部長 木下 真也 氏
17:15〜 懇親会

シリーズセミナー(第2・3・4回)予定

第2回「中国進出企業の現状と課題(仮)」(10月予定)
第3回「ASEAN進出企業の現状と課題(仮)」(12月予定)
第4回「ASEAN10、他アジア地区への進出の可能性(仮)」('09年2月予定)

各回とも学術的見地からの展望、研究員による調査報告、企業実務家からの講演となります。

会場:都内セミナー会場
ご参加費用:第2回〜第4回セット94,500円(税込)
            各回ごとのご参加  36,750円(税込)
※詳細な開催要項につきましては、イントロダクション・セミナー開催時にご案内申し上げます。

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所 流通ビジネススクール推進室 担当:小林、神谷、畠山
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455