2008年戦略テーマ研究セミナー
日本型流通システムの大転換
〜多頻度小口配送問題、在庫・欠品問題を考える〜
開催日時 2008年3月27日(木)13:00〜17:00
会場 ゆうぽうと
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-4-13 
TEL03-3490-5111(代)
東急池上線大崎広小路駅徒歩約1分、
都営地下鉄・JR五反田駅西口徒歩約5分、
JR大崎駅徒歩約7分
参加費用 お一人様 本体価格36,750円
(税抜価格:35,000円・消費税:1,750円)

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

欠品に関する消費者アンケートを実施

わが国の流通システムは、諸外国には例がないほど「高いサービスレベル」を誇るものとなっています。しかしここのところの環境変化は大きく、とくに労働力不足が深刻な状況になっているうえ、省エネ法の改正・施行によって4月からは温室効果ガス排出削減規制が強化され、チェーン小売業を対象とするようになるなど、従来のままのシステムを維持することが難しくなるのはほぼ確実です。

こうした動きを先取りし、すでに大手チェーンは動いていますが、とくにこれまでの日本型流流通システムの代表的な主導者であるセブン-イレブン・ジャパンが、加工食品、日用雑貨等の分野に自動発注システムを導入し、さらに配送頻度削減の可能性を研究しているということです。このような状況を踏まえ、まず本セミナーでは、サプライチェーンを取り巻く環境変化とその影響を整理したうえ、日本型流通システムの路線展開の必要性とその方向性を検討します。

そのうえで、これまで大手組織小売業が重視し、ペナルティーをかけてまで無くそうとしてきた欠品問題に真正面から光を当ててみたいと考えています。果たして欠品は、それほどまでに過剰に対応しなければならない大問題なのでしょうか? 今回、欠品問題を改めて理論的に検討した上、わが国では全く行われてこなかった欠品に関する消費者アンケート調査を行い、カテゴリー一律ではなく、「絶対欠品をおこしてはいけないカテゴリー」「価格プロモーションで欠品をカバーできるカテゴリー」など、カテゴリー毎の差異を考慮することで効率的な欠品マネジメントの可能性を検討します。

また実際にスーパーマーケットのPOSデータ、コーザルデータ、在庫データを用いて、在庫や欠品の状況を客観的に把握するとともに、効率的な店舗運営の、流通システムのあり方について提案したいと考えます。ぜひご参加をご検討下さい。

報告者

財団法人 流通経済研究所 理事/拓殖大学 教授 根本 重之
財団法人 流通経済研究所 主任研究員 寺嶋 正尚
シーコムス株式会社 代表取締役 関口 壽一氏(元ライオン流通機能開発センター)

ご参加いただきたい方々

メーカーや卸売業で、量販店向け営業や流通戦略の企画立案を担当するスタッフ
メーカー、卸売業、小売業、物流業(3PL)等でロジスティクスを担当するスタッフ等

プログラム

3/27(木)
時間 テーマ
13:00〜14:00 2008年は日本型流通システム軌道修正のスタート年度となる
  • 日本型流通システムの特性と前提
  • わが国の流通システムを取り巻く環境変化=前提の崩壊 
    −人手不足、省エネ法、自動車NOx法などの環境規制の強化
  • 先導者セブン-イレブン・ジャパンの軌道修正−自動発注システム「設定発注」導入と配送頻度削減の可能性
  • 日本型流通システムはどう軌道修正すべきか?
報告者:根本 重之
14:10〜15:40 なぜ多頻度小口配送が許されてきたのか?
  • 多頻度小口配送の実態(小売まわりのロジスティクスの現状)
  • 店頭欠品率は限りなくゼロなのに、流通各層には在庫の山が・・・。
  • 多頻度小口配送にメスを入れるにはどうしたら良いか?
消費者は、欠品にどう反応するか?(消費者アンケート調査)
  • 店舗スイッチ?ブランドスイッチ?買い控える?
  • プロモーションにより、欠品の損失はどれくらい防げるか?
  • 効率的な流通システムの提案
報告者:寺嶋 正尚
15:50〜16:50 スーパーマーケットのデータを使った在庫政策・発注政策の提案
  • 在庫管理・発注管理の基本的な考え方
  • あるスーパーマーケットでの在庫及び欠品の現状
  • 自動発注やCPFR(イオンでは昨年から実施)の可能性 
    〜近年、なぜ小売業は自動発注をやりたがるのか?〜
  • 店頭を起点にしたロジスティクスシステムのあり方
報告者:関口 壽一氏
16:50〜17:00 まとめ
報告者:寺嶋 正尚

お問い合わせ

ご不明の点は、下記担当者までお問い合わせ下さい。

財団法人流通経済研究所 人材開発室(担当:山田、畠山、寺嶋)
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455