店頭起点のブランド診断・ブランド育成戦略セミナー

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

加工食品や日用雑貨品を扱うチェーン小売業の店舗では、価格販促に依存する傾向が続いています。マクロ経済の観点では、デフレ脱却傾向が現れているものの、チェーン小売業の市場では、過剰な店舗数に伴う業態内および業態間競争が熾烈化している故、デフレ脱却の肌感覚が掴みづらい状況になっているものと考えられます。

とはいえ、価格に頼った販促活動は、消費者の参照価格をはじめとしたブランド評価の低下を招き、商品ブランドのライフサイクルの短縮化を着実に促しています。このような状況下において、消費財メーカーは、単に売上という観点だけでなく、消費者による自社ブランドの評価を低下させないという観点で、店頭でのブランド・コミュニケーションの方法を検討することも必要になっていると言えます。

本セミナーでは、このような問題意識の基、店頭起点によるブランド・コミュニケーションの目指す方向とその指針となるような新たなブランド評価/診断手法について検討します。どうぞ、お気軽にご参加ください。

開催日時 2007年8月23日(木) 13:30〜15:30
会場 財団法人流通経済研究所 会議室(東京都品川区西五反田)
→会場へのアクセス
受講料 無料
受講対象者 加工食品・日用雑貨品メーカーの商品企画、ブランド管理、営業企画をご担当の方々を対象としています。

上記の業種以外の場合、お申し込みをお受けできない場合がございます。 あらかじめご了承ください。
定員 40名

※定員数に達し次第、締め切らせていただきます。また会場に限りがございますので、1社2名様までのご参加に限らせていただきます。ご理解くださいますようお願 い申し上げます。

プログラム

8/23(木)
時間 内容/講師
13:30〜14:20 「従来型ブランド診断の課題と新しいブランド診断」
------------------------------------------------------
財団法人流通経済研究所 客員研究員
明治学院大学経済学部教授
清水 聰
14:30〜15:30
(報告45分
質疑応答15分)
「CABIE2007の概要とブランド体質改善のポイント」
------------------------------------------------------
財団法人流通経済研究所 主任研究員
寺本 高

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所 「流研ブランド健康診断プログラム(CABIE)」事務局
担当:伊藤、寺本
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455