新流通産業ビジョンと小売業の将来戦略セミナー
-12年ぶりに策定された新流通ビジョンを踏まえ、小売業の勝ち残り戦略を考える-

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

開催日時 2007年7月31日(火) 10:00〜16:30
会場 星陵会館ホール
東京都千代田区永田町2-16-2 TEL.03-3581-5650
東京メトロ 永田町駅、溜池山王駅 徒歩5分
受講料 18,900円 (一名様、税込み、昼食は含みません)

セミナーの目的

経済産業省は新流通産業研究会を設置し、12年ぶりに流通産業の指針となる新流通ビジョンを策定しました(本研究会の検討結果をとりまとめた報告書は、http://www.meti.go.jp/press/20070618009/20070618009.html にてご覧いただけます)。

本セミナーは、この新流通ビジョンを踏まえ、日本の小売業の勝ち残り戦略について検討することを目的に開催します。

プログラム

7/31(火)
時間 内容/講師
10:10〜11:00 新流通産業ビジョンの概要
  1. 新流通産業ビジョン策定の背景
  2. 流通産業が目指すべき方向性と対応課題など
------------------------------------------------------------
経済産業省 商務情報政策局 流通政策課長 浜辺 哲也氏
11:05〜12:00 流通業のベストプラクティス
  1. 生産性/収益性の向上(しまむらの買取仕入れ、丸井の営業時間短縮等)
  2. 世界水準の経営の実現(セブン-イレブン・ジャパン、イオン等)
  3. 持続可能なコミュニティ構築(イトーヨーカ堂、青森市新町商店街等)

※「流通業のベストプラクティス」は、新流通産業研究会において実務家委員の報告をとりまとめたもの。
------------------------------------------------------------
経済産業省 流通政策課 大規模小売店舗立地企画係長 阿部 康幸氏
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:00 世界水準を目指す我が国小売業の課題
  1. 日本の小売業の現状認識
  2. 中国など新興市場台頭のインパクト
  3. 日本の小売企業存続の方向性
------------------------------------------------------------
法政大学大学院 教授 矢作 敏行氏
14:15〜16:30 パネルディスカッション:我が国流通業の将来戦略
  1. 産性/収益性の向上のための戦略
  2. 世界水準の経営の実現
  3. 持続可能なコミュニティ構築と流通産業
------------------------------------------------------------
パネリスト:
 法政大学大学院教授 矢作 敏行氏
 明治大学大学院教授、(財)流通経済研究所理事 上原 征彦氏
 拓殖大学教授、(財)流通経済研究所理事 根本 重之氏
 専修大学教授 渡辺 達朗氏

コーディネータ:
 (財)流通経済研究所 常務理事 為広 吉弘

受講料

1名あたり 18,900円 (一名様、税込み、昼食は含みません)

●受講料のお振込先については、お申し込み後に請求書とあわせて
 お送りいたします。
●振り込み料は貴社にてご負担下さい。
 また振込受入票をもちまして受領証にかえさせていただきますのでご了承下さい。

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455
担当:畠山、村越