シニアのグロッサリー消費動向の把握と活用セミナー
開催日時 2007年7月5日(木) 13:30〜17:00
会場 ゆうぽうと
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-4-13 
TEL03-3490-5111(代)
東急池上線大崎広小路駅徒歩約1分
都営地下鉄・JR五反田駅西口徒歩約5分。
JR大崎駅西口徒歩約7分
本セミナーの
お問い合わせ先
専用コールセンター 0120-500-336

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

セミナーの視点

シニアマーケット対応の留意点と攻略ポイント

  • シニア像の虚と実・・・企業とシニアの間には認識ギャップが存在する
    マーケッターが考えるシニア像は、シニア本人たちの自己認識とはかけ離れている。団塊世代に対するイメージも同様。
  • 企業とシニアの間の“不協和音”を理解しよう
    見づらい・理解しづらい・使いづらい。
    いっぱいありすぎて選べない・判断基準が分からない。
    作り手のステレオタイプで作られたシニア向けはいやだ。
  • “団塊世代は新しいシニアマーケットを創造する”という発想は正しくない。彼らは開拓者ではなく、“増幅する世代”
  • 多様化が進むシニア・団塊世代マーケット。ゆえにマス・マーケティングではなく、スモール・マーケティングへのシフトが重要
    ターゲット像の追求・絞り込み、ニーズの研究・・・シニアに近づく試みが重要な鍵。
  • シニア固有の課題・・・“シニアの10の願望”を理解しよう
    なぜシニアは「国産品が好き」で、「防犯に関心が高い」のか?
    それには、なるほどとうなずける理由がある。
  • モノづくりだけでなく、“顧客接点”の開発にも注意しよう
    良いモノをつくっても、広告して店頭に並べただけではその良さはシニアには伝わらない。価値を伝える工夫=顧客接点の開発が大事。

退職後のリフォームを通じてわかるリアルなシニア生活の理解のポイント

  • ステレオタイプな退職後の生活などあり得ない
  • リフォームにみる生活スタイルは多様で多彩である
    2世代同居、子供の旅立ち、夫婦二人暮らし、女ひとり暮らし、心と体の優しさの追求、リハビリライフ、人の尋ねてくる住まい、ペットも喜ぶ住まい、ワンポイントのこだわりを取り込んだ住まい、etc.
  • リフォームではここまで進んでいるシニア対応ノウハウ
    水回りの配置、キッチン、トイレ、浴室、建具、玄関、おしゃれな手すり、趣味の場、夫婦の寝室プラン、ベッド、収納・クローゼット、安全な階段、2世帯の防音、建物の老化、etc.
  • 調理、家事、日用品へシニアが口にする思い(メーカーへのヒント)

フォーラム「シニアのグロッサリー消費動向の把握と活用」の目的と分析事例

  • シニアを対象とした食品、日用品マーケティングの取り組みのフレーム
  • 調査と講演によるマーケティング立案指針が必要となる理由
  • 調査概要とネット調査事例の紹介

講師紹介

池田 弘子
(株) プラン・ドゥ マーケティングディレクター

シニア・団塊世代を対象にしたマーケティングについての経験と知識を持つマーケティング・プランナー。プラン・ドゥ (Plan-Do)は 大阪に本拠をおくマーケティング企画会社。同社は日本最大のシニアのNPO法人である「ニッポン・アクティブライフ・クラブ (NALC)」 との協働により、アクティブシニアのライフスタイル調査・研究に取り組むほか、富裕層など生活者視点からのマーケティング研究に 関する実績を持つ。

加部 千賀子
(株) ビラ・プランニング 主宰

一級建築士。『ミセス』(文化出版局)にて<ミセスキッチンサプリ>執筆、連載中。生活者(建て主)の視点を重視した「元気の出る家」に豊富な実績を持つ。テーマはシニア、働く女性・子育て中の家族、障害者のための住まい。コンペ受賞:東京ガスあたたかな住空間デザインコンペ入賞(04年)、住宅産業開発協会優秀賞(98年)、JUKEN実施作品コンペ佳作(97年)、(株)リブラン女性向分譲マンション指名コンペ当選(95年)、ほか。著書:「アルバムの家」、「定年後が楽しくなるリフォーム もう一度わが家を住み直そう!」、「家族のキッチン&ダイニング」、「家づくり『気分一新』のリフォーム」(以上共著)。共立女子大学非常勤講師、元東京電機大学非常勤講師。

平野 勝義
財団法人流通経済研究所 主任研究員

研究領域:ICT( Information and Communication Technology)のマーケティングへの活用

受講料

1名あたり 31,500円(消費税含む)

●受講料のお振込先については、お申し込み後に請求書とあわせて
 お送りいたします。
●振り込み料は貴社にてご負担下さい。
 また振込受入票をもちまして受領証にかえさせていただきますのでご了承下さい。

参加対象

加工食品、菓子、飲料・酒類、日用品メーカー、卸売業、小売業、企業戦略・経営企画・営業企画・マーケティングご担当者

プログラム

7/5(木)
時間 内容/講師
13:30〜13:40 挨拶と本日のセミナーの構成
13:40〜14:50
(質疑10分)
アクティブシニアが成熟市場を切り拓く
〜2万人のシニア組織との共同取り組みで分かったシニアの実態〜
  • シニア・団塊世代マーケットの現在・過去・未来
  • シニアの願望と企業の認識とのギャップに気づくことが大事
  • シニア・団塊世代のライフスタイル・ニーズからみた攻略ポイント
------------------------------------------------------------
(株)プラン・ドゥ マーケティングディレクター 池田 弘子
14:50〜16:00
(質疑10分)
「定年後が楽しくなるリフォーム」にみるシニアの生活
〜食品・日用品にシニアが感じるニーズ〜
  • 数々のリフォーム経験から分かるシニアの多彩な生活状況
  • 生活の場を設計する者からみた食品・日用品メーカーへの意見
------------------------------------------------------------
(株)ビラ・プランニング 主宰 加部 千賀子
16:00〜16:10 休憩
16:10〜17:00
(質疑10分)
ネット調査でわかるシニアのグロッサリー消費動向の把握と活用
  • シニアの8つの関心事と、食品、日用品、健康食品、銘品・お取り寄せに関する問題提起
  • ネット調査「退職者の生活状況と昼食需要の行方」からの報告
  • フォーラム「シニアのグロッサリー消費動向の把握と活用」のご紹介
------------------------------------------------------------
(財)流通経済研究所 主任研究員 平野 勝義

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455

本セミナーに関するお問い合わせ等は下記専用コールセンターまたは、お問い合わせフォームにお願い申し上げます。

専用コールセンター 0120-500-336