物流センターフィー問題
- 問題の本質と解決の方向 -
開催日 2007年5月31日(木)
時間 13時30分〜17時00分
会場 コクヨホール
〒108-8710 東京都港区港南1-8-35
TEL 03-3450-3712(代

品川駅港南口(東口)よりすぐ

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

目的

  • 売上高数百億円規模の小売業までが専用センターをもつようになっており、それに伴い、物流センターフィーが業界に必要以上に普及している。
  • しかもその料率の設定が不明確で、利益が上乗せされる場合もあり、卸売業が収益悪化に苦しみ、メーカーに補填を求めざるを得ないところとなっている。
  • だがそのような物流センターフィーは、すでに小売業の収益として損益計算書に入ってしまっているため、容易には外せないし、料率を下げることさえ難しい。
  • だが、卸売業の行き過ぎた専用センター受注競争、帳合獲得競争が専用センターと物流センターフィーを必要以上に普及させてしまった面があるかも知れない。
  • 人口減少により小売業の売上が落ち、多くの専用センターの稼働率が低下するようになると、この物流センターフィー問題はさらに悪化するおそれがある。
  • メーカーも収益面で厳しいし、物流センターフィーの制度的な補填をすると、流通の歪みを制度的に是認してしまうことになるから、容易には手が着けられない。

物流センターフィー問題は、日本の流通・取引のいわば「奥の院」的な問題であり、特効薬はないのですが、この問題に火が点いている状況を踏まえ、問題点を可能な限り整理し、業界を上げてどのように考えてゆくべきか、基本的な情報や視点を整理しておきたいと考えます。

対象

本講座は、以下の方々を主たる対象とさせていただいております。

・メーカー、卸売業、小売業で
 経営企画、マーケティング、営業、ロジスティクス等に携わる方々
・3PLなどロジスティクス関連企業で、
 センター開設・運営に携わる方々
・物流センターフィー問題、取引制度問題等に関心のある方々

プログラム

5/31(木)
時間 内容/講師
13:30

15:00
物流センターフィー問題の基本構造と対応の方向
  • 日本型流通システムと欧米型流通システム
  • 日本型流通システムにおいて物流センターフィーが発生し、普及してきたメカニズム
  • 専用センター、物流センターフィーの普及状況と問題点
  • 物流センターフィーを損益計算書に明示しているチェーンの状況
  • 物流センターフィーは小売業にとって重要だからなくならない
  • 物流センターフィー問題に火が点く理由
  • 物流センターフィー問題に関する卸売業の責任
物流センターフィー問題への対応の方向
  • 厳しい環境認識を共有する必要性
  • 物流センターフィー問題に対する小売業の責任と対応のあり方
  • 物流センターフィー問題に関する卸売業の責任と対応のあり方
  • 物流センターフィー問題に対するメーカーの責任と対応のあり方
------------------------------------------------------------------
報告担当:根本 重之
15:15

16:45
ロジスティクス・システムと物流センターフィー問題
  • 小売専用センターの歴史〜TCとDCの議論など〜
  • 小売業専用センターのメリット、デメリットは?
  • 小売専用センターの到達点・課題および今後の方向
21世紀における流通システムと物流センターフィー問題解決の方向
  • 想定しておきたい4つの流通/ロジスティクス・モデル
    1)小売業の専用センター・モデル
    2)卸売業の汎用センター・モデル
    3)小売業によるバーチャル専用センター・モデル
    4)卸売業によるバーチャル専用センター・モデル
  • 専用センター・モデルでのセンターフィー問題解決の方向
  • ABC等により標準コストを把握し、物流センターフィー問題を解決して行く 可能性と方法論
------------------------------------------------------------------
報告担当:寺嶋 正尚
16:45

17:00
質疑応答
------------------------------------------------------------------
報告担当:根本 重之、寺嶋 正尚

参加費

お一人様 31,500円(参加費用30,000円、消費税1,500円)

お問い合わせ

財団法人流通経済研究所 人材開発事業部 担当:村越、河合、畠山
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455