2005年度 流通大会
−少子高齢化、消費の個性化・多様化への戦略的対応−
日時 2006年 2月22日(水) 10:00〜17:00 (17:00〜 懇親会)
2006年 2月23日(木) 9:30〜17:00
会場 虎ノ門パストラル(港区虎ノ門4-1-1)
参加費 2日参加:1名様につき 94,500円(税込)
1日参加:1名様につき 52,500円(税込)

お申し込みは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

流通大会の趣旨

財団法人 流通経済研究所は、流通専門のシンクタンクとして、実証的な研究をベースに広く情報発信し、提言してまいりました。その活動の一環として、我が国の流通が直面する諸課題・問題点について、流通業界のトップの方々ならびに行政の幹部、専門の学識者・研究者等の英知を集めて、解決に向けた情報発信・提言を行う機会として「流通大会」を毎年1回開催しております。

流通大会の構成

  • 我が国の流通が直面する諸課題・問題への解決に向けたビジョン・情報発信・提言
  • 流通業界におけるリーディング企業のトップの方々の提言
  • 行政の幹部、専門の学識者・研究者等の報告

2005年度のテーマ

「 消費構造変革期における小売業態の革新と流通システム 」
−少子高齢化、消費の個性化・多様化への戦略的対応−

我が国に予想されたピーク以前、すでに2005年に純減少となり、少子高齢化が急速に進展しています。人口減少社会の新たな幕開けです。その一方、800万人ともいわれる団塊の世代が一斉に定年に達することから、それまでと異なる新たな需要が形成されるものと期待されます。消費は質的に大きく変化し、成熟化、個性化が進むものと思われます。このように、これまで経験したことのない社会構造の変化にともなって、消費構造は大きく変革しつつあります。

そこで、本年度のテーマは、「消費構造変革期における小売業態の革新と流通システム」として、変貌する消費構造に対し、小売業態の革新と流通システムの対応を掲げております。これに対応するためには、店頭におけるマーチャンダイジングの革新、新業態の開発をはじめ、流通に新たな仕組みの構築が必要と考えており、流通システムの対応の方向を探ろうとするものです。

  • 少子高齢化にともなう消費構造の変化
  • 小売業におけるマーチャンダイジングの革新、新業態の開発
  • 消費者ニーズの変化に対応したソリューション型流通システムの方向
  • 中間流通機能の変化とサプライチェーン・マネジメント高度化の方向
  • メーカー・卸売業・小売業の情報共有に基づく新たなコラボレーション
  • 需要創造に向けた新たなマーケティングの展開
  • その他

2005年度 流通大会プログラム

■2月22日(水)
時間 統一会場
10:00



10:50
基調講演:
「少子高齢化による消費構造変革期における流通の対応」
学校法人学習院長・理事長、財団法人流通経済研究所 名誉会長 田島 義博
11:00

12:30
「少子高齢化・人口減少社会における消費者の変化」
東京大学大学院 総合文化研究科 教授 松原 隆一郎氏
12:30

13:30
昼 食
13:30

14:45
テーマ:
「少子高齢化による消費構造変革期におけるドラッグストアの対応」
株式会社 CFSコーポレーション 代表取締役社長 米田 幸正氏
14:45

15:00
休 憩
15:50

17:00
シンポジウム:
「少子高齢化に伴う消費者市場の変化と流通・マーケティング戦略の方向」
カルピス株式会社 代表取締役社長 石渡 總平氏
サミット株式会社 常務取締役 田尻 一氏
株式会社菱食 代表取締役社長 後藤 雅治氏
東京経済大学副学長、(財)流通経済研究所理事長 宮下 正房(司会)
17:00

懇 親 会
■2月23日(木)
時間 A会場 B会場
9:30

10:40
「コウホート分析による2010年の消費構造予測」
(財)流通経済研究所理事 為廣 吉弘
「2010年を考える−市場、制度、流通の変化」
拓殖大学教授(財)流通経済研究所
客員研究員 根本 重之
10:50

12:00
「少子高齢化と小売業のMD戦略の方向」
(財)流通経済研究所主任研究員
上田 雅夫
「花王マーチャンダイジングサービスの戦略展開」
花王マーチャンダイジングサービス
株式会社 代表取締役社長 糸魚川 好紀氏
12:00

13:00
昼休み
13:10

14:15
「ドラッグストアの業態化とMDの方向」
千葉大学助教授
(財)流通経済研究所 MD研究委員会 委員
佐藤 栄作
「生協における消費構造の変化に対応した無店舗事業の展開」
生活協同組合 コープこうべ
無店舗事業部 KC企画 統括
陰平 康則 氏
14:25

15:50
「我が国の小売業界の展望」
メリルリンチ日本証券株式会社 調査部
青木 英彦氏
「売場を起点にしたサプライチェーン・ロジスティクス」
(財)流通経済研究所 主任研究員
寺嶋 正尚
16:00

17:15
「カルビーの店頭コミュニケーション戦略」
カルビー株式会社 CalNeCo事業部長
加藤 孝一氏
「国分のロジスティクス戦略」
国分株式会社 取締役 物流統括部長
山本 栄二氏
注)プログラムの内容は、都合により変更する場合がございます 。

開催要領

日時 2006年 2月22日(水) 10:00〜17:00 (17:00〜 懇親会)
2006年 2月23日(木) 9:30〜17:00
会場 虎ノ門パストラル(港区虎ノ門4-1-1)
参加費 2日参加:1名様につき 94,500円(税込)
1日参加:1名様につき 52,500円(税込)

お問い合せ

財団法人流通経済研究所 人材開発事業部 担当:高橋、藤野、畠山
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455