中国北京流通調査チーム
〜現地有識者と実務家に学ぶ中国流通の現状と今後〜
期 間 2009年4月13日(月)〜4月15日(水)(2泊3日)
訪問都市 北京
航空会社 日本航空
ホテル ニューオータニ長富宮飯店
参加費 1名様につき 23万5千円(燃油費・空港税等込)シングル利用
(ツイン利用は1万5千円引)
※航空券手配不要(現地集合・解散)の場合はお問い合わせください
視察先(予定) イオン北京、北京ヨーカ堂、セブンイレブン、カルフール、テスコ、ウォルマート(イオン北京では関係者よりご説明をいただく予定です)
参加対象者 消費財メーカー・卸の営業企画スタッフ・経営企画スタッフ・流通向けサービスプロバイダ等海外事業企画スタッフ・・等

お申し込みは終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございました。

背景と目的

市場として引き続き大きな成長が見込める中国において日系小売業の進出が加速しています。日系流通企業の中でもセブン&アイグループやイオングループなどの流通大手は中国での展開に意欲的であり、着実に店舗数を拡大してきています。また、家電の雄ヤマダ電機も2009年末に前倒しで中国初出店を予定しています。

一方、中国では欧米の小売業がすでに積極的な投資を行い店舗数を急速に拡大しています。カルフール・ウォルマートは沿岸部の主要都市での拡大だけでなく内陸部への進出をすすめています。

中国の中でも北京は、2008年北京オリンピック開催と前後して日系小売業・欧米系小売業の進出が加速し、競争の激しい都市のひとつとなっています。

  • 日系小売業としてセブン&アイグループがヨーカ堂と直営型のセブンイレブンを展開しており、着実に成果を上げています。また、2008年11月にはイオンも北京に進出し、拡大を狙っています。
  • 欧米系小売業では、カルフールが古くから進出して地元密着型の店舗展開を進める一方、テスコ(楽購)も2007年に北京に進出し、店舗数を拡大しています。

日本の大手小売業の進出は、日本のメーカーにとって中国市場開拓チャネルとしても重要です。また、大手小売業との関係構築の点からも最新の状況を理解しておくことが必要だといえるでしょう。

本視察団では小売業の競争が活発化する中国北京を視察し、イオンの北京出店の現状、7&Iグループの展開、欧米小売業の展開等、北京における流通の最新状況を確認します。また、日系小売業、現地卸売業、有識者から現状と今後の見通しなどについてご講演いただきます。

企画のポイント

  1. 現地の流通専門家によるレクチャー
    中国人民大学商学院副教授 黄江明氏に中国流通のトレンドについてご講演いただきます。
  2. イオン北京訪問
    2008年11月にオープンしたイオン北京を訪問し、関係者より現状と課題についてご講演いただきます。
  3. 現地卸売業(京客隆)訪問(予定)
    中国消費財流通を把握する上で、鍵となる現地卸売業(小売事業も手がける)である京客隆を訪問します。
  4. 北京小売業視察
    ウォルマート・カルフール・テスコなどの外資系小売業、セブンイレブン、イトーヨーカ堂などの日系企業、物美などの現地小売業を視察します
  5. 流通経済研究所研究員による事前資料・講演メモの提供
    中国流通のトレンドを整理した資料をご提供します。視察の際の事前資料・簡易報告書としてご活用ください。また、講演に関しては、事後に講演メモ(各講演者A41枚程度)を作成し、ご提供します。(報告書としてのご提供はありません。)

コーディネーター・アドバイザー

【コーディネーター】

(財)流通経済研究所 主任研究員 神谷 渉
流通経済研究所において、海外流通及び欧米の店頭施策の調査・研究を担当。2007年度経済産業省委託事業「小売業の国際展開に関する調査」において、中国・インドの流通調査を担当する。玉川大学非常勤講師。

【講演・企画協力】

中国人民大学商学院副教授 黄江明氏
中国のCVSチャネル、取引制度(リベート)問題などへの造詣が深く、物美・京客隆等の有力現地小売業の顧問・アドバイザーを勤める。

視察予定先等紹介

▼北京における日系・外資系小売業
【カルフール】

カルフールは、古くから中国に進出している小売業であり、中国において大きなプレゼンスを築いています。商品の価格戦略とブランドイメージ構築の巧みさが中国の消費者に支持されている要因だといわれています。

【ウォルマート/トラストマート】

ウォルマートは広東省進出を皮切りに、中国全土への進出を加速させています。また、2006年には台湾系のトラストマートを買収し、中国における基盤を築きつつあります。

【テスコ】

テスコは、上海を中心に展開する「楽購Hymall」の買収により中国進出を果たしました。その後、店舗網を急速に拡大し、北京や広東省にも進出を果たしています。

【ワトソンズ】

ワトソンズは、香港のドラッグストアチェーンであり、中国では香港に近接する広東省での展開からスタートし、現在ではモールなどの商業施設での展開を主として中国全土に進出を果たしています。

【イトーヨーカ堂】

イトーヨーカ堂は北京を中心にGMS型店舗を8店舗展開しています。また、ヨークベニマルと共同でSM1店舗も展開しています。

▼北京における現地小売業
【物美】

物美は1994年に設立された民営小売業で、北京を拠点として、物美大売場(GMS)、物美総合超市(SM)、物美便利超市(CVS)の3業態を展開しています。民営企業としては最も成長が著しく企業の一つといわれています。

スケジュール

月日 都市名 時間 交通機関 摘 要
4/13(月) 東京(成田)

北京
10:55

13:50
JL-781

マイクロ
バス
空路、北京へ

到着後、北京流通視察
(カルフール、ウォルマート)
ホテルへ
市内レストランにて夕食会
<北京ニューオータニ長富宮飯店(泊)>
4/14(火) 北京滞在 終日 マイクロ
バス
北京イオンSC訪問・視察
京客隆訪問・物流センター視察(予定)
中国人民大学 黄江明氏 講演
夕食は自由食
<北京ニューオータニ長富宮飯店(泊)>
4/15(水)


北京

東京(成田)
午前
 

15:20

19:50
マイクロ
バス
北京流通視察、空港へ
(ヨーカ堂、テスコ、物美、東方新天地)
搭乗手続き後、空港内にて自由昼食
帰国の途へ

到着後、解散
※訪問先、視察先は変更となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参加費

1. 参加費

1名様:23万5000円

2. 参加費に含まれる費用
1. 航空券(燃油費含む) 2. 現地宿泊費(シングル、朝食付き)
3. 現地交通費(バスチャーター) 4. 講師講演料
5. ガイド費用 6. 通訳費用
7. 講演会場費用 8. 企画・アレンジ費用

※現地駐在・現地出張等で、航空券の手配が不要な方は2〜6までの費用として、16万円にてご参加いただくことも可能です

内容に関する問い合わせ先

財団法人 流通経済研究所
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1
TEL:03-3494-2671 FAX:03-3494-2455
担当:山田、神谷