プログラム・タイムスケジュール

  1. 2月5日(水)
  2. 2月6日(木)
  3. 2月7日(金):A会場
  4. 2月7日(金):B会場
消費財流通の成長戦略――捉えるべき「変化」と、「実需」拡大の方向性
今後の事業・マーケティング計画を検討する上で、これまで以上に経済政策の方向性やその影響を注視し、変化に対応する必要性が増しています。
本セッションでは消費財流通に関わる政策方向性や課題を報告するほか、構造変化への対応視点を考察します。
また、新たな需要創造に向けてのアプローチを強化する企業を登壇者に招き、変化への対応戦略や、市場創出に向けた視点・戦略を報告いただきます。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜9:40
ご挨拶と問題提起
公益財団法人 流通経済研究所 専務理事
加藤 弘貴
9:40〜10:20
わが国流通の課題と経済産業省の流通政策について
これからの流通を展望する上で、産業レベルのマクロ的な観点を持つことが重要です。経済産業省の流通政策ご担当者より、日本の流通に関わる課題認識、流通政策の考え方と方向性について解説いただきます。
経済産業省 商務情報政策局 商務流通保安グループ流通政策課長
吾郷 進平氏
10:20〜10:50
流通サプライチェーンと製・配・販連携の展望と課題
流通経済研究所は、経済産業省がサポートする「製・配・販連携協議会」や、農林水産省がサポートする「食品ロス削減のための商慣習検討WT」の運営を担当しています。こうした活動実績を踏まえ、今後の流通サプライチェーンの変革方向について報告します。
公益財団法人 流通経済研究所 専務理事
加藤 弘貴
11:00〜12:20
2014年度の市場、流通、制度変更などの展望とマーケティング・営業課題
 ・ 消費税率引き上げ・・・直近の状況、乗り切り策と新たな課題
 ・ 変わる消費と流通構造・・・2020年代にかけて進む社会構造と小売構造の大きな変化
 ・ 長期的な展望を踏まえた今期の課題
公益財団法人 流通経済研究所 理事/拓殖大学 商学部教授
根本 重之
12:20〜13:20 昼食懇親会
13:20〜14:40
ネスレ日本の成熟先進国における成長戦略
2013年に創業100周年を迎えたネスレ日本。少子高齢化を迎え成長が難しいといわれる成熟先進国の日本において成長を実現するために、21世紀型日本的経営モデルの確立を目指しています。あらゆる部門でマーケティングを実践し、ビジネスモデルのイノベーションを展開しているネスレ日本の成長戦略についてお話しいただきます。
ネスレ日本 株式会社 代表取締役社長兼CEO
高岡 浩三氏
14:55〜16:05
変化・成熟する市場における、コープネット事業連合の対応戦略
1都7県の会員生協で組合員数が400万人を超えるコープネット事業連合では、高齢化をはじめとする環境変化への対応を強化しています。市場開拓や変化への対応に向けて、コープネット事業連合が推進する流通・サービス戦略についてお話いただきます。
 ・ コープネット事業連合が捉える市場変化と、事業課題
 ・ 市場開拓や変化対応に向けて、コープネット事業連合が推進する流通・サービス戦略
 ・ 生産者・メーカー・卸売業などのパートナーに期待すること
生活協同組合連合会コープネット事業連合 代表理事 理事長
赤松 光氏
16:15〜17:30
次世代流通と協働型マーケティング ―― 競争優位を築く新しい機会は?
現在、生活者・流通・商品の相互依存関係が大きく変わりつつあります。3者間の垣根が取り払われる兆候を伺うことができ、そこには停滞期を打破する新たな市場機会を読み取ることができます。事例を踏まえつつ、こうした動きを展望します。
公益財団法人 流通経済研究所 理事長/
明治大学専門職大学院教授
 
上原 征彦

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

経済動向の展望と、流通ビジネスモデルの変革
セッション前半では2014年の国内経済の動向・展望や、流通・マーケティング活動の対応方向性について有識者より提言いただきます。
後半では、有力流通プレーヤーを登壇者に招き、新たな需要創出に向けての取り組み事例や戦略を報告いただきます。
また存在感を増すプライベートブランド(PB)にもスポットを当て、今後展望や対応戦略を考察します。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜11:00
2014年の日本経済・金融市場展望
〜アベノミクスで日本経済は復活するか?〜
2014年の日本経済は、消費税増税などを受け、どの様な展開が予想されるのか――
日本経済は「アベノミクス」の効果もあり、着実な回復軌道を辿っています。米国、欧州、中国を中心に今後の世界経済の潮流を展望した上で、日本経済再生の処方箋などについて考察します。
株式会社 大和総研 チーフエコノミスト
熊谷 亮丸氏
11:10〜12:30
流通業のインバウンドマーケティング
   ―― 情報は既にある
小売業やメーカーにおける情報データとの向き合い方や、マーケティング活動への活用のあり方をテーマに考察します。
 ・ スマートフォン革命への対応
 ・ 業務データからのインサイトの獲得
 ・ CRMの新段階
公益財団法人 流通経済研究所 評議員/
専修大学ネットワーク情報学部教授
 
江原 淳
12:30〜13:20 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
13:20〜14:40
激変するマーケットとイトーヨーカ堂の経営戦略について 〜 変化への対応と基本の徹底 〜
「変化への対応」を強く意識し、事業を推進するイトーヨーカ堂より、
小売業としての対応方向性や、潜在ニーズを掘り起こし新たな顧客を創造するための考え方・アプローチについて報告いただきます。
 ・ イトーヨーカ堂が着眼する変化(環境変化やライフスタイルの変化)
 ・ 目指すビジネスモデル(地域密着のコミュニティとして)
株式会社 イトーヨーカ堂 取締役専務執行役員
竹田 利明氏
14:50〜16:10
ヤフーが描くEC戦略と、「eコマース革命」がもたらすもの(仮題)──
「eコマース革命」と銘打ち、ショッピングサイトの出店料無料化などを通じてEC分野での需要創造や事業 革新を推進するヤフーより、国内EC市場の展望・課題や、今後戦略について講演いただきます。
 ・ 国内のEC市場の展望と、今後克服すべき課題
 ・ ヤフーが描くEC事業の今後戦略と見通し
ヤフー 株式会社 執行役員 ショッピングカンパニー長
小澤 隆生氏
16:20〜17:30
小売業のPB戦略と消費者の反応
国内の消費財流通において、プライベートブランド(PB)の存在感が増しています。PBに対する消費者の意識や、流通業の動向などを踏まえ、今後の対応戦略を考察します。
 ・ プライベートブランドに対する消費者の購入状況
 ・ 流通の商品開発の現状
 ・ メーカーのブランド戦略
公益財団法人 流通経済研究所 理事/中央大学専門職大学院教授
中村 博

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

「流通・マーケティング」と「ショッパー」の変化を捉える
社会や経済環境の変化を背景に、個人の消費スタイルも徐々に変化しています。食品や日用品のネットショッピングも加速度的に広がっており、「買い物行動」の変化が顕在化しています。
本セッションでは、流通活動および購買者(ショッパー)をめぐる注目すべき変化をテーマに考察するほか、注目企業よりその対応方向性やアプローチ事例について報告いただきます。また近年注目を集めるヘルスケア分野における、流通業の対応戦略についても考察します。
時間 講演テーマ、講演者
9:30〜10:20
2020年に向けた小売業態の変化
小売業態(GMS、SM、CVS)主力チェーンの最近の注目動向や、業態間の競争状況の変化などについて報告します。
 ・ GMS、SM、CVS主力チェーンの経営状況
 ・ 小売業態間競争の変化
 ・ 小売業の今後に向けた取り組み
公益財団法人 流通経済研究所 研究員
後藤 亜希子
10:30〜11:20
主力業態におけるショッパーの購買行動の理解
ショッパーへの調査や購買データから浮かび上がる最近の購買行動の特徴を報告します。また主な小売業態ごとに、ショッパーにどう対応すべきかを考察します。
 ・ ショッパーへの各種調査や購買データを通じた、ショッパーの購買行動の理解
 ・ 業態別ショッパー対応の方向性
公益財団法人 流通経済研究所 理事/店頭研究開発室長
山崎 泰弘
11:30〜12:20
高齢者の購買行動の理解と売場対応の方向
近年実施した店頭調査などを通じた、高齢者の購買行動の特徴を紹介するとともに、
高齢者のニーズに応え需要を獲得するために、スーパーマーケットなどの小売店舗が考慮すべきポイントを報告します。
 ・ 店頭調査から見る高齢者購買行動の特徴
 ・ 高齢者の需要を獲得するために小売店舗が考慮すべきポイント
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員
鈴木 雄高
12:20-13:20 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
13:20〜14:40
LINEが考える消費者とのコミュニケーションと、販売促進のアプローチ
若年層から中高年層まで、幅広いユーザーの支持を得る、無料通話・チャットアプリのLINE。消費者とのコミュニケーションや、LINEを活用した販売促進のアプローチをテーマに講演いただきます。
 ・ LINEの利用動向や、そこから浮かび上がる特徴
 ・ LINEが考える、消費者とのコミュニケーション
 ・ LINEを活用した、製品のマーケティング・販売促進のアプローチ
LINE 株式会社 執行役員/広告事業グループ長
田端 信太郎氏
14:55〜16:15
市場の変化を捉える、サンキュードラッグの成長戦略
大手メーカーなどとの協業を通じて新たな需要を開拓するなど、マーケティング活動に定評のあるサンキュードラッグより、これまで注力してきた取り組みや、中長期を見据えたドラッグストアの成長戦略、サンキュードラッグが「今後力を入れること」などについて講演いただきます。
 ・ 国内市場の展望と、小売業(ドラッグストア)が克服すべき課題
 ・ 需要創造に向けて、サンキュードラッグが注力してきた取り組みと、その手応え
 ・ 中長期を見据えた、ドラッグストアの成長戦略と、サンキュードラッグが「今後力を入れること」
株式会社 サンキュードラッグ 代表取締役社長
平野 健二氏
16:30〜17:30
ヘルスケア産業・流通の変化と、新しいチャネル・商品戦略
高齢化や健康ニーズの高まり、政府による規制緩和やセルフメディケーションの推進など、「ヘルスケア」をキーワードとした新しい消費者像・消費機会が生まれています。現状の動向や課題点を整理し、ヘルスケア産業・流通にどう対峙すべきかを考えます。
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員
加藤 弘之

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

新たなステージに差し掛かる東南アジアの小売市場と、日本企業の商機
東南アジア市場は、カルフールが撤退する一方で、日系小売業が参入のチャンスをうかがうなど、小売業近代化の新たなステージに差し掛かっていると言えます。
本セッションでは、新たなステージに差し掛かる東南アジア市場で「勝つ」ためのヒントを探ることを目的として、弊所研究員から現地での小売業へのヒアリング調査結果を交えて報告するとともに、東南アジアで好調な展開を行う日系小売業と、日系メーカーと取引を行う現地小売業のキーパーソンに登壇いただきます。
※外部講演者には日本語での逐語通訳がつきます
時間 講演テーマ、講演者
10:00〜10:55
東南アジアの市場・小売業の展開動向
タイ・インドネシア・フィリピンを中心に東南アジアの流通を取り巻く環境変化についてマクロデータ、業界データ等を整理してご報告します。
 ・ 東南アジア市場の魅力度
 ・ 現地で成長する小売業の特徴
 ・ 外資小売業の規制とその対応
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員
神谷 渉
11:05〜12:00
東南アジア小売業ヒアリング調査報告
タイ・ベトナムで実施した企業ヒアリングより、メーカーとの取り組み状況、日本のメーカーへの要望について取りまとめてご報告します。
 ・ 販促・各種取引条件
 ・ 日系商品取扱状況と取扱の意向
 ・ 日系メーカー・商品への期待
※主なヒアリング企業
タイ:Big C、Tops、Makro
ベトナム:Shop&go、ハプロマート
公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員
矢野 尚幸
12:00〜13:00 昼食 ※御弁当を会場にてご用意いたします
13:00〜14:50
タイにおけるトップスマーケットの戦略
セントラルリテールグループは、百貨店やスーパーマーケット(トップス)などを展開する、大手総合小売業です。ニック氏には、トップスマーケットにおけるID-POSデータを用いた取組や、日本をテーマにした各種販促など、タイでの取組に関してご講演いただきます。
※逐語通訳での講演になります。
セントラルフードリテールカンパニー バイスプレジデント
購買・自社ブランド・プレミアムフォーマット開発担当
 
ニック・レイトメイアー氏
15:05〜17:00
イオンが描く東南アジア戦略
マレーシアにおけるカルフールの買収をはじめ、東南アジアでの展開を積極化するイオン株式会社の戦略についてご講演いただきます。
 ・ 東南アジア市場の開拓方針――
     欧米小売業の展開がやや消極化する中での考え方
 ・ 東南アジアにおける日系メーカー・卸とのコラボレーションの現状と今後の方向性
※逐語通訳での講演になります。
イオン株式会社 専務執行役
グループ戦略・デジタル・IT・マーケティング最高責任者
 
ジェリー・ブラック氏

※プログラム時刻が若干変更となる可能性がございます。あしからずご了承ください。

お申込みは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。