受託研究:平成25年度

テーマ 受託元 内容
サプライチェーン効率化に関する調査研究 経済産業省 製造事業者、卸売事業者、小売事業者が連携し、商品配送の効率化や返品の削減などの、サプライチェーンの最適化に向けた国内外の具体的取組を調査・分析し、今 後の基礎的な方向性を示すことを目的に実施した。
農水省 食品流通円滑化事業 農林水産省 食料品の購入などに不便や困難をもたらす「食料品アクセス問題」を改善するために、課題を抱える地域ごとに事業者及び有識者による協議会を結成し、対策方法を検討した。方策の策定にあたっては、地域特性を考慮しながら、「買い物」という行動を軸として、「食」を中心とした総合生活支援の視点を持って進めた。
新規就農・経営継承総合支援事業のうち技術習得支援事業 農林水産省、一般社団法人アグリフューチャージャパン 全国の農業者に向けた経営力・マーケティング力向上のための教育講座の運営・開催を共同事業者として支援を行った。具体的には、宮城県、山形県、都内で開催した農業経営力養成講座のコーディネート、運営を実施した。
米国・欧州における食品廃棄物削減に向けた食品製造業と流通業による取組み・連携の内容・効果分析と、それらを踏まえたわが国の今後の方策の検討 農林水産政策研究所 米国おける食品ロス削減に向けた食品製造業と流通業の取組み・連携の内容・効果を分析することを目的に、FMIやGMA等の業界団体へのヒアリングや小売事業者・製造業者へのヒアリングを実施した。
包括的職業能力評価制度整備事業における「キャリアマップ」「職業能力評価シート」等開発のための企業調査(食品・菓子・雑貨等卸売業) 厚生労働省、中央職業能力開発協会 厚生労働省が整備をすすめる公的職業能力基準「職業能力評価基準」に準拠した人材育成ツールとして、卸売業(食品、菓子、雑貨)対象の「キャリアマップ」「職業能力評価シート」「キャリアマップ、職業能力評価シート導入・活用マニュアル」を企業実態調査・試行導入・有識者委員会をふまえて作成した。
巨大災害発生時の流通問題に関する調査業務 関西大学 首都直下地震や東海・東南海・南海地震などの巨大地震災害発生時の最悪シナリオを構築するために、流通面で想定される課題を把握することを目的とし実施した。とりわけ今年度は、政府による救援物資の流通が民間流通の回復に及ぼした影響について把握するとともに、生活必需品を対 象とした巨大災害時の流通問題について定量的な把握を行った。
7ベトナム/インドネシア流通研修 一般財団法人 海外産業人材育成協会 ベトナム・インドネシアの流通関係者に対して、日本の流通の構造や動向に関する講義を実施した。