商慣習検討ワーキングチーム

 農林水産省のサポートもと、食品産業における食品ロス発生の原因となりうる過剰在庫や納入期限等の商慣習についてフードチェーン全体で話し合いを行い、その解決を目指すワーキングチームを実施。平成24年度から活動しています。

参加企業

■食品製造業(12社・団体) ■食品卸売業(3社)
・味の素(株) (風味調味料協議会) ・国分グループ本社(株) (日本加工食品卸協会)
・江崎グリコ(株) (全日本菓子協会) ・三菱食品(株)  (日本加工食品卸協会)
・キッコーマン食品(株) (日本醤油協会) ・(株)山星屋  (全国菓子卸商業組合連合会)
・コカ・コーラカスタマー
マーケティング(株)
(全国清涼飲料工業会) ■食品小売業 (5社)
・サントリー食品
インターナショナル(株)
(全国清涼飲料工業会) ・イオンリテール(株) (日本チェーンストア協会)
・日清食品(株)  (日本即席食品工業協会) ・(株)イトーヨーカ堂 (日本チェーンストア協会)
・ハウス食品(株) (全日本カレー工業協同組合) ・(株)東急ストア (日本スーパーマーケット協会)
・(株)マルハニチロ食品 (日本缶詰びん詰レトルト食品協会) ・(株)ファミリーマート (日本フランチャイズチェーン協会)
・山崎製パン(株) (日本パン工業会) ・日本生活協同組合連合会
・タカノフーズ(株) (全国納豆協同組合連合会)  
・日本豆腐協会    
・日本乳業協会    

事務局:(公財)流通経済研究所

検討経過

お問い合わせ

公益財団法人流通経済研究所(担当:石川 TEL:03-5213-4533)