研究会

ショッパーマーケティング研究会
店舗選択や店内での商品購買にまつわる、ショッパーの注目すべき心理・行動について研究、報告します。シニアや有職女性など、注目度が高まるショッパー層にもスポットを当て、その購買傾向や対応アプローチについて考察します。
量販チェーン政策研究会
チェーン小売業を中心に流通の動向を把握し、メーカーのマーケティング、営業政策を考える研究会です。
そのために、人口や世帯の構造、制度や公的規制、また情報通信技術などのマクロ的な変化を中長期的な視点を持って捉えつつ、流通・消費の変化を見通し、メーカーの事業戦略、営業政策のあり方を検討し、提案します。
研究会ページへ
研究会ページへ
ID-POS活用戦略研究会
MD提案や商談にID-POSデータを「効果的」かつ「効率的」に活用するための「定石」と「新しい切り口」について、実際のID-POSデータを用いて研究、報告します。
情報連携ワークショップ・ワーキンググループ
日本GCI推進協議会(GCIジャパン)の一部活動を引き継ぎ、流通経済研究所が主催する参加者主体型の活動です。情報連携に関する製配販及び関連事業者の実務担当者がかかえる課題の共有、未来に向けた取組等について検討・意見交換を行います。
研究会ページへ
研究会ページへ
日用品共同物流研究会
日用品メーカーの共同物流を研究対象として、関係企業の効果的な物流連携のあり方を考える研究会です。
参加者専用ページへログイン

研究会

Shopper & Merchandising Development 共同研究機構(SMD)
SMD共同研究機構では、製配販が共同でショッパーに関する研究を進め、各社で活用できるノウハウを構築していくことを目的としています。
また、共同研究機構に参画していただきメーカー・卸売業・小売業の会員社に対して、共同研究の知見をベースに担当研究員が個別に業務サポートを行います。
SMDページへ