流通業経営データアナリシス2007
− 直近決算と経営基礎データの5期企業間比較 −
  • 109社の「直近決算データ」を収録
    GMS、SM、CVS、DRG、HC及び食品・日用雑貨・医薬品卸売業計105社について、直近決算数値を比較できるとともに、それぞれの業界動向をとらえることができます。

  • 各業態上位企業計46社の「5期時系列経営データ」を収録

    上記小売5業態と食品・日用雑貨・医薬品卸売業計46社については、経営データを5期にわたって詳細に比較できます。GMSと卸売業については連結・単体両方の5期分データを収録しました。

  • 小売業の直営売上高や売上総利益率、「1u当たり・1人当たり生産性」を解明
    大手小売業の収入の内訳を、商品供給額、テナント販売額、物流センター収入、不動産賃貸収入までにわたって明らかにしました。これにより、小売業としての直営売上高、売上総利益率が正確に把握できます。
    小売業については、有価証券報告書でとれない各社の売場面積や、従業員数までヒアリング調査によって把握し、流通業をみる上で重要な「1u当たり損益」、「1人当たり生産性」を明らかにしました。

  • 時系列で経営データの企業間比較ができる
    主な経営指標(成長性、収益性、生産性、安全性等)については、小売各業態及び卸売各業種ごとに、5期分データについて企業間比較を行っています。数値の変動に関する解説付きで、主要な変化のポイントをとらえることができます。

  • CD-ROM版でデータ提供

    CD-ROM版には5期データ収録企業の経営指標データをすべてEXCEL形式で収録しており、独自の加工・グラフ化も可能です。その他ページについてもPDFファイルでご提供します。

本書体裁

A4版 約400ページ

本書の収録企業

「直近決算データ収録企業」は、2/3月期決算の公開企業をほぼすべて網羅し、一部非公開企業も取り込んだ下記の計105社です。

「5期経営データ収録企業」は、サプライヤーにとって極めて重要な供給先となる各業態の上位企業計46社で、損益計算書・貸借対照表、およびそれらを用いて算出した経営指標を5期分収録しています。

掲載企業一覧表
注)1)セブン&アイHLDGSは連結直近2期(イトーヨーカ堂単体は5期)のデータを収録
2)ツルハHDは2005年5月期までのツルハ(連結)データと2006年5月期ツルハHDデータを収録
3)DJホールディングスは連結が直近1年度しかないため、ホーマックとカーマの2006年2/3月期までのデータを参考に収録
4)メディセオ・パルタックHDは直近5期(パルタック単体は直近2期)のデータを収録

本書の構成

本書はGMS編、SM編、CVS編、DRG編、HC編、卸売業編からなっており、それぞれ下記のような3部構成となっています。

第1部:最新決算・業態動向
■ 2007年以降の注目動向をおさえ、中期チャネル戦略を考えるのに役立つ
  • 直近決算データ収録企業の最新決算レビューと次期予想をまとめ、数値の変化要因についてコメントしています。
  • 各業態の2007年度以降の動きを見ていく上でおさえておきたい注目動向をコンパクトにまとめています。業態全体に関わる規制、出店動向、マーケティング戦略などを包括的にとらえることができます。
■ 各業態5ページ程度
第2部:業態内の直近5期企業間比較
■ 各社の経営数値の変化のポイントがわかる
  • 各業態の5期経営データ収録企業について、直近5期分の下記12〜15指標の企業間比較を行っています。各社の経営数値の大きな変化のポイントに関しては、その要因を解説しています。
  • CVSについてはオペレーション関連データとして客数・客単価、平均日販の推移なども収録しています。
1.成長性
売上高成長率・売場面積成長率
2.損益構造
売上総利益率・売上高販売管理費率・売上高営業利益率
3.オペレーション構造
売場面積1u当たり売上高・従業員1人当たり売場面積・従業員1人当たり売上高
4.財務安全性
自己資本比率・流動比率・固定長期適合率
5.流動性
商品回転日数・総資産回転率
6.経営成果
総資本経常利益率(ROA)・自己資本当期利益率(ROE)
7.CVSのみ
粗利益率・1日当たり客数・平均客単価・平均日販
■ 各業態15ページ程度
第3部:個別企業5期経営指標
■ 各社の経営数値を5期分詳細に把握、主要なデータはグラフ化
  • 5期経営データ収録企業については、損益計算書・貸借対照表、およびそれらを用いて算出した経営指標を掲載しています。
  • GMSと卸売業については、連結と単体双方の経営データを収録、企業グループとしての状況も把握可能です。
  • 損益計算書においては、小売業の経営実態をとらえるうえで見ておきたい売上高の内訳(商品供給額・テナント販売額)、「その他の営業収入」(物流センター収入・不動産賃貸収入)、「営業外収益」(各種手数料収入や不動産賃貸収入)まで、有価証券報告書の注記から収集したデータを詳細にわたって収録しました。
  • 各社の発行している決算説明資料や各社へのヒアリングにより売場面積・従業員数を把握し、流通業をみる上で重要な1u当たり損益、1人当たり生産性を明らかにしました。
  • 規模と成長性に関する指標、損益構造に関する指標、オペレーション構造に関する指標、安全性に関する指標、収益性に関する指標計12指標についてはグラフ化しています。プレゼン資料へのご活用等に便利です。
  • CD-ROM版には経営指標データをEXCEL形式で収録しており、独自の加工・グラフ化も可能です。
■ 単体のみ掲載の業態:各企業5-10ページ
■ 連結・単体掲載のGMS・卸売業:各企業10ページ
グラフ化サービス
主要な指標はグラフ化しておりますが、掲載されていない指標のグラフ加工も別途お受け致します。お気軽にお問い合わせください。
おことわり
  • 西友、ヨークベニマル(自営部分)については売場面積に関する情報開示がなされなくなったため、経営指標及びグラフにおいて、売場面積関連データが収録されていません。
  • また、DRG、HCをはじめ、持株会社設立などによってここ数年のうちに新規に株式公開した企業が多いため、そうした企業については情報開示されるようになって以後のデータを収録しております。
  • このため、業態内5期企業間比較においてはこれら企業の当該年度はデータ欠損となります。
  • CVSについては、売場面積成長率、売場面積1u当たり売上高、従業員1人当たり売場面積、従業員1人当たり売上高は掲載しておりません。
  • 卸売業についても、売場面積成長率、売場面積1u当たり売上高、従業員1人当たり売場面積は掲載しておりません。
価格
書籍のみ 本体価格70,000円+消費税
書籍+CD-ROMセット 本体価格80,000円+消費税
お申し込み方法

以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入ください。
ご購入はこちら

ご注文品に請求書を同封して送付致しますので、到着後ご請求書記載のお振込口座当てにお振り込みください。振込料は貴社でご負担ください。また、振込受入票をもって領収書に代えさせて頂きます。

お問い合わせ

ご不明の点は、担当者までお問い合わせください。

お問い合わせ先:
財団法人 流通経済研究所 担当:金井、東、後藤
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F
TEL:03-5213-4531(代表) FAX:03-5276-5457