中国チェーンストア研究会報告書
中国(上海)消費者の業態・店舗選択に関する調査報告書(2011)
<インターネット調査>
<本調査の意義>
  • 中国(上海)では、中国内資系小売業・欧米小売業・日系小売業が進出しており、競争が激化しています
  • 日系小売業ではコンビニエンスストアの評価が高いことに加え、ドラッグストアチェーンの進出も見られており、今後の成長が見込まれます
  • しかし、小売業・メーカー・卸売業が中国に進出する際には、中国(上海)の消費者が、どのように各業態を使い分け、どのように各チェーンを評価しているのかを把握しておく必要があります
  • そこで、(財)流通経済研究所では、中国(上海)消費者の利用実態、チェーンの評価、使い分けを把握する本調査を実施しました。小売業の方には自社のチャネル戦略に、メーカー・卸売業の方には商品の販売戦略に役立てられる報告書となっております
中国消費者の主要小売チャネルの利用実態は?
  • 中国消費者は、どの業態を、どれくらいの頻度で利用しているか?
  • 生鮮食品はどの業態で主に購買されているか?
中国消費者が実際に利用するチェーンに対する評価は?
  • 中国消費者は、最利用チェーンの何を評価しているのか?何に不満があるのか?
  • 主要チェーン利用者の評価から見出す強みと課題点は?
中国消費者は商品カテゴリーごとにどのように業態・店舗を使い分けているか?
  • 中国消費者は、商品カテゴリーごとにどの業態で購入しているのか?

パンフレットダウンロード

「報告書」からのトピックス

中国消費者の主要小売チャネルの利用実態は?

もっともよく利用されているのはハイパーマーケット。生鮮食品は市場の利用割合が多い。

中国消費者が実際に利用する店舗に対する評価は?

ハイパーマーケットに対しては、「安さ」「近さ」が重視点。「安全・安心」「品揃え」も求められているが、期待水準を満たすチェーンは少ない。

「報告書」の構成

今回調査では、消費者の主要小売業態の利用状況、および、利用小売チェーンに対する評価等を質問し、以下のような報告書をまとめました。

調査の背景と目的/調査概要
第I章:回答者のフェイスシート

職業・未既婚・同居人数・同居未成年者数・世帯年収・学歴

第II章:業態店舗選択調査結果
  1. 各業態の利用状況

    (1) 5業態の利用状況: 過去3ヵ月間の利用頻度
    ■5業態:
    ハイパーマーケット / スーパーマーケット / コンビニエンスストア / パーソナルケアストア(HBC販売店) / 市場

    (2) 30商品カテゴリー別購買チャネル:
    各商品カテゴリーの買物時に過去3ヵ月間で利用したことのある業態/過去3ヶ月間で最も利用したことのある業態
    ■業態:
    ハイパーマーケット / スーパーマーケット / コンビニエンスストア / パーソナルケアストア(HBC販売店) / 市場 / 百貨店 / 中小専門店 / ベビー用品専門店 / インターネット
    ■30商品カテゴリー:
    調味料、食用油、冷凍食品、麺類、パン・シリアル類、米・餅、加工肉類、漬物、豆腐・腐乳、ゴマ・干椎茸・豆類、菓子、デザート・ヨーグルト、珍味、アイスクリーム類、嗜好飲料、果汁飲料・野菜ジュース、清涼飲料、牛乳、乳酸菌飲料、アルコール飲料、乳幼児食品、健康保健食品、たばこ(自分用)、たばこ(贈答用)、野菜、肉、鮮魚、卵、弁当・惣菜類、口中衛生用品、石鹸類、ティシュ・トイレットペーパー、生理用品、ベビー用オムツ、衣料用洗剤、台所・食器用洗剤、住居用洗剤、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、シャンプー・リンス

  2. チェーン別 評価

    (1) 業態別利用状況:
    4業態で「過去3ヶ月に利用したことのあるチェーン」「最もよく利用したチェーン」
    ■4業態:
    ハイパーマーケット / スーパーマーケット / コンビニエンスストア / パーソナルケアストア

    (2) 業態別来店手段・来店所要時間:
    4業態で「最もよく利用したチェーン」の来店手段・来店所要時間

    (3) チェーン別 総合評価:
    4業態で「最もよく利用した」チェーンに対する「買物満足度」評価(10段階)
    ■主なチェーン:
    ハイパーマーケット(カルフール、ウォルマート、テスコ、世紀聯華) / スーパーマーケット(華聯超市、聯華超市、農工商超市) / コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート) / パーソナルケアストア(ワトソンズ)

    (4) チェーン別 項目評価:
    上記チェーンの売場満足項目・売場不満足項目 
    ■主な調査項目(満足度): 「自宅や勤務先から近い」「安全で安心に配慮した商品が多い」
    ■主な調査項目(不満足度): 「安全で安心に配慮した商品が少ない」「商品の鮮度がよくない」

    (5) 小売チェーン別 商品カテゴリー別評価:
    上記各チェーンの商品カテゴリー別(30商品カテゴリー)「買物満足度」評価(10段階)

第III章:業態店舗選択調査結果(年代別)
  1. 各業態の利用状況(年代別)
  2. チェーン別 評価(年代別)

調査概要

対象者と
調査地域
上海地域に在住する、16〜69歳の男女個人
集計
サンプル数
772s
調査手法 インターネット調査(定量)
実査期間 2011年8月19日(金)〜30日(火)

●年代別サンプル数

「ご提供物」について

内容

「調査結果の報告書」(パワーポイント)を報告書にて、パワーポイントに用いたデータを、
CD-ROMにてご提供します

ご購入方法

価格
調査報告書: 調査結果報告書(上海編):¥190,000- (税込¥199,500-)

お申込み方法
以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入ください。
ご購入はこちら パンフレットダウンロード

※FAXでもお申込みいただけます。パンフレット末尾の申込用紙にご記入の上、ご送付ください。
  追って、請求書のご送付、必要なご連絡等を差し上げます。
 (詳しくはパンフレット(PDF)をご覧下さい)

お問合せ等

ご不明の点、内容に関するご質問等がございましたら、下記事務局までお問合せください。
(財)流通経済研究所 担当者:東(あずま)・矢野・神谷
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F
TEL:03-5213-4531(代表) FAX:03-5276-5457

お問い合わせ